まぼろしの城

まぼろしの城

作者名 :
通常価格 495円 (450円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

越後の上杉、甲斐の武田、小田原の北条。関東管領が実質的な力をなくし、覇を争う武将たちに取り巻かれながらも、上野の沼田万鬼斎はしたたかに生き抜こうとしていた。しかし愛妾・ゆのみとその父・金子新左衛門に翻弄され、一族は過酷な歴史の渦に飲み込まれていく。小国の衰亡に光を当てた凄絶な戦国雄編。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
304ページ
電子版発売日
2011年10月21日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

まぼろしの城 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年08月03日

    さくさくと読める。沼田存続のために親子で画作するが最後は真田の駆け引きにあっけなく負けてしまう。
    最初はずる賢く行動していたのに…。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月21日

    ストーリー的には何故金子がそこまで有能になったのか、ちょっと疑問に思わなくもないが……沼田の内紛を面白く描いたという意味では流石だな。沼田顕泰の色ぼけがなかったら悲劇はなかったんじゃないかという気もするが。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年05月15日

    上州沼田とその周辺を舞台に沼田城を築いた沼田万鬼齋とその一族を描いた作品。池波ワールド「真田もの」のひとつ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月09日

    戦国時代 上州の沼田万鬼斎と愛妾・ゆのみ を中心に
    沼田家の存亡を描いた長編

    池波さんは この時代周辺の作品が得意みたいですよねー
    真田家や 武田家を描いた作品も多くありますし
    どれも面白いです

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています