日本人の足を速くする

日本人の足を速くする

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

たとえ筋力や体格で劣っていても、日本人に合ったトレーニング法と正しい身体の動かし方をマスターすれば、世界と戦える。足は「技術」で速くなる――。400mハードルでメダリストとなった“侍ハードラー”が、試行錯誤の末に到達した「走る極意」とは何か。また、大舞台で勝つための集中力の高め方、精緻に計算されたレース攻略法とは。陸上競技の見方が一変する、日本人のための知的陸上読本。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮新書
ページ数
190ページ
電子版発売日
2011年10月14日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

日本人の足を速くする のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2013年01月16日

    「日本人の足を速くする」
    世界を席巻するアフリカ選手、ルメートルを先頭とする欧州出身選手、小国や諸島から誕生するメダリストやファイナリスト、彼らに勝つ為近づく為に、日本人はどうするべきか。


    400mH選手と言えば、日本人として初めて世界選手権400mHのファイナリスト(1995年イエテボリ大会7...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月21日

    速く走ることよりも、
    為末大選手の目標達成までの考え方、について注目して読むとすごく良い本だと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年01月20日

    侍ハードラー・為末大選手が自身の半生を振り返りながら陸上競技というものの魅力や展望について書いている。

    著者の世界を見る目は独特で、世間的な常識という枠に必要以上に囚われずに何事も自分の頭で考えようとする姿勢には学ぶところが多かった。

    言葉のチョイスが巧く、専門用語も皆無なので、僕のように陸上に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    プロ陸上選手が自分のために調べに調べぬいた体のことを書いた本。

    実際このとおりに動きをイメージすると走るのはもちろん歩くのも速くなる。

    絶対にコーチをつけなかった彼のやり方から、一流選手のひとつの在り方も感じる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    自分で考え、自分の考えを信じ、繰り返し実践する。
    これを尋常でない錬度で、深く強く行っている。
    見習いたい。

    以下抜粋。(簡略抜粋もあり)
    「欧米、アフリカ人はおおむね骨盤が正面向き。日本人の骨盤はやや上向き。そのため日本人が欧米人と同じ方法で走ると、前へ進む力が斜め上へ逃げてしまいがち。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年02月13日

    足の速さなんて運動神経だけかと思ったけど、いろんな試行錯誤で速くなるんだと分かった。たぶん、足だけじゃなくていろんなことも工夫次第なんだと改めて思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年05月24日

    陸上クラブのトレメニューを考える参考にしようと積読本から取り出しましたが、やはり内容が少し古かったです。
    見直しそのものは、為末式かけっこメソッドの本やDVDで勉強します。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年02月21日

    陸上400メートル・ハードルの為末大(ためすえ・だい)が書いた『日本人の足を速くする』(新潮新書)に感銘を受けました。

    為末といえば、2001年の世界陸上(エドモントン)で47秒89の日本記録を出し、五輪・世界選手権を通じて日本人初の短距離種目の銅メダルを獲得したアスリート。2005年の世界陸上(...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年05月21日

    [ 内容 ]
    たとえ筋力や体格で劣っていても、日本人に合ったトレーニング法と正しい身体の動かし方をマスターすれば、世界と戦える。
    足は「技術」で速くなる―。
    400mハードルでメダリストとなった“侍ハードラー”が、試行錯誤の末に到達した「走る極意」とは何か。
    また、大舞台で勝つための集中力の高め方、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    【要旨】
     小さな頃から誰にもカケッコで負けなかった為末氏は、早熟であり、中学卒業時には体が出来上がっていた。そのため、それ以降成長せず、新たな道を探していた。そしてたどり着いたのが400mハードルだった。
     為末氏は300mまでを全力で走り、最後の100mは"根性"で走ると...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮新書 の最新刊

無料で読める エッセイ・紀行

エッセイ・紀行 ランキング