バカの壁

バカの壁

作者名 :
通常価格 648円 (税込)
紙の本 [参考] 799円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

あの大ベストセラーがついに電子化! 「話せばわかる」なんて大ウソ! イタズラ小僧と父親、イスラム原理主義者と米国、若者と老人。互いに話が通じないのは、そこに「バカの壁」が立ちはだかっているからである。その「バカの壁」とは何か……? いつの間にか私たちを囲む様々な「壁」。それを知ることで世の中が見えてくる!

ジャンル
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮新書
ページ数
204ページ
電子版発売日
2011年10月07日
紙の本の発売
2003年04月
コンテンツ形式
XMDF

「バカの壁」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年04月29日

多分2回目の読破
AIの事や貨幣が思い込みであるといった今また語られていることがもう既に記載してあった
人間は毎日変わっている
3ヶ月も経てば細胞が全部入れ替わる

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年04月06日

一神教の考えが自分にリミットをかけているという事を沢山の事例を持って解説してくれている本。

自分の考え方以外の人との会話や場所に行くことは、壁を越える一つのカギでもありそうです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年03月15日

養老さんがいろんな本とか対談の中で語ってきた要素がギュッと凝縮されてる感じ。
放っておいても出てきちゃうのが個性とかって言われると、個性を求められるコミュニティの中で育ってきた自分からすると救いのように思えた。馴染むこと、他人の気持ちと寄り添うことでいいんじゃん、と。
養老さんには長生きしてほしい、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年05月16日

養老先生が語ってきたことを編集者がまとめた形の著者のため、話が散乱している印象だけど、何とか読み解ける部分もある。

そもそも「バカの壁」とは何なのか。
それは「こうに違いない」「唯一の正解はこうだ」とする「一元論」にはまり込んでしまった人に立ちはだかる、強固な「フィルター」であり「楔」だ。
その向...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年05月12日

平成ベストセラーシリーズ
平成15年(2003年)
・2/1 スペースシャトル・コロンビア号空中分解事故
・3/19 アメリカ・イギリスによるイラク戦争開戦
・11/1 JR西日本の近畿圏でICOCAの運用開始
平成15年でおそらくいちばん興奮したのはICOCAの登場。新し物好きの自分は発売後すぐに...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「バカの壁」に関連する特集・キャンペーン

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,943

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!