ばいばい、アースII 懐疑者と鍵

ばいばい、アースII 懐疑者と鍵

作者名 :
通常価格 682円 (620円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

ひとつの戦いが終わり、つかの間の休息にひたるベル。戦友である弓瞳族(シープアイズ)のギネス、水族(マーメイド)のベネットと夜通し馬鹿騒ぎ、王家の姫シェリーとは姉妹のように睦み合い、孤剣士アドニスを訪れては人生を語る。触れたものすべてを朽ちさせる宿命を持ったアドニスは、誰とも深く交わらず、世界への疑いが捨てられない。そんな彼とベルの間には、恋にも似た思いが通い始めるが――冲方丁がおくる傑作ハイ・ファンタジー、急転の第2巻!!

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2012年08月03日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

ばいばい、アースII 懐疑者と鍵 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年01月24日

    1巻が動なら、この2巻は静。

    1巻で反発し合いながらも結束したベル、アドニス、ギネス、ベネット、ミストたちが、2巻では互いの思いゆえに葛藤しながらそれぞれの道へ進み、また離れていく。

    ベルとアドニスの関係が何より最萌え!

    相手を強いと思っていたけれど、深く付き合ううちに相手の弱さを知ってしまい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月25日

    闘いが終わり一息つけるかと思いきや、まだまだ続く。壮大な闘いが。

    のっぺらぼう。どの種族の特長も持たないベルは異質だ。血族のしばりを持たない自由な存在のようで、どこにも属さない故の不自由さがその身を縛る。生きるって、面倒くさいな…と、思ってみる。


    姫であるシェリー。王という後ろ盾もあり、筆頭・...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月17日

    のっぺらぼうの少女は、旅の扉を開くのか?
    青年の懐疑は、何をその手に掴むのか?
    「懐疑者と鍵」というタイトルもふさわしい第二章。
    展開は、正に急転直下。承から転へ。

    余談1:LIVEDとLEGNAがくっついてDILLEGNAVE、「福音」になりました、という辺りは実に遊び心であると思う。

    余談2...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    うああああなんかベネット素敵ぃぃぃベネットぉぉぉぉ
    アドニスもなんか自分の剣持ってからすごいかっこいいよおお
    シアンさんはドS過ぎてなんともいえないぃぃぃシア×アド!!?(自重


    しかもまだ続きがあるとは知らなかった。今度買わねば

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    1巻よりも人物、ストーリーともに濃密になってます。うさぎの繰り出す演算魔法といい、舞踏会での予期せぬ戦闘といい、あざといくらい華やかで派手で不穏で、想像するのが非常に楽しい。胸が躍る。というかアドニス!これからさらに何をやらかしてくれるのかと期待大。シアンの放った一言「俺に服従しろ」に笑顔で乾杯!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年10月16日

    2巻目。
    この巻の中心は、アドニスかな。

    矛盾すら、はじめから組み込まれるようにプログラムされたシステム。
    今、自分がやっていることすら、決められた道なのか?それとも、そこから抜け出せているのか?

    でも、それすらが、もう1つ大きなシステムの一部なのかも。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月09日

    まだ旅に出ない。あと、この表紙は・・・アドニス?!私はベル以外の登場人物は完全に獣型を想像してましたよ。

    セリフが1巻と比べて多いせいか、さくさく読み進められました。状況は変わらず、登場人物同士の関係が変わっていく巻。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月02日

    一巻では抑えられていた部分が解放されてるなと思います。
    冲方さんらしい明け透けな文体かな。
    着地点がだんだん見えなくなってる・・・。
    特に飢餓同盟とは一体どんな集まりなんだかよくわからない。
    神についても未だに不明瞭なのね残り二冊で見えてくるんだろうか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年11月12日

    なんとも言えない絶望感、っていうか、非常に考えさせられる?本かも。
    二巻目でさらに引き込まれた。
    ベネットいいよベネット。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年09月09日

    氏のデビュー後、初長編。

    発売当時、余りの高価さに手が出なかったので、文庫化が嬉しい。



    ラブラック・ベル。

    のっぺらぼうと称される一人の少女が、己が相棒の一降りの剣と共に、自らの由縁を探るヒロイック・ファンタジー。

    氏が文庫本後書きに書かれたように、「主題と世界の構築と発見に特化した」初...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

ばいばい、アース のシリーズ作品 1~4巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件
  • ばいばい、アースI 理由の少女
    地には花、空に聖星(アース)、人々は猫や蛙、鼠などさまざまな動物のかたちを纏う。この世界に、ラブラック=ベルはたったひとり、異形のものとして生まれた。牙も毛皮も鱗もない“のっぺらぼう”の彼女は、自分と同じ存在を探す旅に出る。放浪者の資格を購うため、剣士となって〈都市〉と〈外〉との戦いに臨むベル。そこで彼女を待っていたのは――。異能の世界構築者冲方丁、最初期の傑作が待望の電子化!!
  • ばいばい、アースII 懐疑者と鍵
    ひとつの戦いが終わり、つかの間の休息にひたるベル。戦友である弓瞳族(シープアイズ)のギネス、水族(マーメイド)のベネットと夜通し馬鹿騒ぎ、王家の姫シェリーとは姉妹のように睦み合い、孤剣士アドニスを訪れては人生を語る。触れたものすべてを朽ちさせる宿命を持ったアドニスは、誰とも深く交わらず、世界への疑いが捨てられない。そんな彼とベルの間には、恋にも似た思いが通い始めるが――冲方丁...
  • ばいばい、アースIII 爪先立ちて望みしは
    カタコーム戦役で皆を叱咤した城外の民の指導者、ジンバックが死んだ。弔いに訪れたベル一行は、城外の友人たちと再会し、酒と剣と恋に夜は更けてゆく。一方、飢餓同盟に身を投じたアドニスは、究極の治療薬にして猛毒「試者の灰」を手に城を襲い、王に挑みかかった。今度は敵としてベルの前に立ったアドニスは笑いながら問いかける。「俺を、斬れるか?」――冲方丁がおくる魂のファンタジー、狂騒の第3巻!!
  • ばいばい、アースIV 今ここに在る者
    「試者の灰」をもって王を葬り、闇のものたちをも率いて世界をも壊そうとする剣士アドニス。彼と少女剣士ラブラック=ベルの闘いは痛く果てしなく、濃密に続く――生きとし生けるもの、全てのことわりを巻き込み続けながら。そしてついに訪れた終わりのとき、ベルが見いだしたものは――? 異能の世界構築者冲方丁、最初期の傑作ファンタジー、堂々の完結!!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています