呪われた世界地図

呪われた世界地図

作者名 :
通常価格 523円 (476円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

世界には、「いわくつき」の場所が数多くある。
地図や旅行のガイドブックを見ただけではわからないが、地元では昔から有名な逸話がある土地や、人々が流した血がいまだに乾ききらないような陰惨な歴史を持つところなど、身の毛もよだつ事件が起こった場所は多い。
このような場所は、ある特定の地域に集中しているわけでなく、世界中にまんべんなく分布している。そこで、「呪われた地」と呼ばれる不気味な地をはじめ、歴史上の汚点のために「禁断の地」となった場所など、それぞれの土地に残る謎や過去に迫ったのが本書である。
(まえがきより)
禁断の地の真相に迫る。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / サブカルチャー・雑学
出版社
彩図社
ページ数
224ページ
電子版発売日
2011年09月09日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
11MB

呪われた世界地図 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年04月26日

    有名な観光地であれば、そこで昔何があったのか知っていて行っているのだと思っていたのだけど違うんですかね。ノートルダム大聖堂、このガーゴイルたちもみんな焼けてしまったんだよなぁ...

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月01日

    世界の、怪奇現象が起こった場所や、血なまぐさい歴史のある場所などを紹介してあります。地図というか、場所の説明というより、事件や人物の説明という感じで、何より肝心の地図が小さくて大雑把。まあ、コンビニコミック的な感じだからこんなもんかと。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 雑学・エンタメ

雑学・エンタメ ランキング

怪奇ミステリー研究会 のこれもおすすめ