シャトウ ルージュ

シャトウ ルージュ

作者名 :
通常価格 774円 (704円+税)
紙の本 [参考] 781円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

調教(ドレサージュ)によって女は変貌する……。毎夜くりひろげられる美貌の妻の「調教」。そして、仮面をつけた異国の男たちによって弄ばれる妻の白い裸身を、隠し部屋から覗き見る夫の若い医師──。舞台はフランスの古いシャトウ。中世そのままの城内で行われる淫らな“儀式”が外に知られることはない。はたしてこの背徳の行為は、二人の運命に何をもたらすのか? 恋愛小説の第一人者が、「愛と性」の深淵をえがく、官能と背徳の衝撃作。

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
490ページ
電子版発売日
2011年08月19日
紙の本の発売
2004年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

シャトウ ルージュ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2015年10月15日

    時系列は逆だけど、フィフティシェイズの男性目線版のような。
    性愛がテーマだと、描写の上手い下手や好き嫌いではなく、どちらの性目線で描かれているかで読んだ後の違和感が違う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    夫が性生活に不満を持ってて、自分の妻をお金を払ってまで自分好みの女性に調教してもらう。確かに妻は性に目覚めるんだけど、ねえ。夫の一方的な願望で、外国人の男たちに刻々と調教されていく妻の様子が、かなりエロが、夫がこっそり覗いている感じにリンクできる。そして調教完了後の妻の選択にも納得。人を変える前に自...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月03日

    結婚して2年、33歳の医者克彦とセックスを嫌う美しい妻月子27歳の物語。妻を愛するためとは私は思えないが、パリ旅行中、契約上の拉致で妻を城に幽閉、拘束された全裸の妻が男たちに調教される様子を覗き見する夫。帰国後は送られた映像を眺めて悶々とする夫。この無謀ともいえる男の策略がもたらす行く末はいかに。4...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年12月25日

    主人公の克彦はフランスのパリで、妻の月子を誘拐されてしまいます。驚いた月子の両親は彼のもとを訪れ、月子を取り返してほしいと訴えますが、じつは彼女の誘拐は克彦が仕組んだことでした。

    克彦は、妻でありながら彼との肉体関係を忌避し続けてきた月子を懲らしめるため、フランスで知り合った「Z」という男に彼女を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年04月21日

    内容(「BOOK」データベースより)
    フランスの古いシャトウで、毎夜くりひろげられる美貌の妻の「調教」。そして、異国の男たちによって弄ばれる妻の裸身をのぞき見る夫の若い医師―。はたしてこの背徳の行為は二人の運命に何をもたらすのか?恋愛小説の第一人者が、現代の男女の「愛と性」というテーマに正面から挑ん...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    友人に「オモロイよ」と説明せず読ませたら怒られました。
    カバーせずに電車で読んでたらしいです(羞恥プレイ)

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています