なぜ、社員10人でもわかり合えないのか 鏡で世界一! コミーに学ぶ少人数マネジメント

なぜ、社員10人でもわかり合えないのか 鏡で世界一! コミーに学ぶ少人数マネジメント

作者名 :
通常価格 1,540円 (1,400円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

小さな組織では、相互のコミュニケーションを取りやすい──。この定説に本書は異を唱える。「小さな組織では確かに互いの距離は近い。しかし、必ずしも意思疎通が図れているとは言えない」。本書では、世界的な鏡メーカーの「コミー」社長の小宮山栄氏が、コミュニケーションを活性化するために、社内で日々実践するユニークな手法を紹介する。「言葉の定義を常に問い直し、『社内用語集』を日々更新する」「パート社員も含めた全社員で、全てのユーザーを回る」「1分間に1回以上『なぜ?』と問い、問題の核心を洗い出す」「どの社員にも肩書きがない」など。コミーを鏡メーカーのトップへと押し上げた独自手法を通じて、コミュニケーションの本質へと迫る。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経営・企業
出版社
日経BP
掲載誌・レーベル
日経トップリーダー
ページ数
208ページ
電子版発売日
2011年10月14日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
6MB

なぜ、社員10人でもわかり合えないのか 鏡で世界一! コミーに学ぶ少人数マネジメント のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2011年07月28日

    小集団を組織するためにはどのようなことに気を配れば良いのか。
    特に「物語を記す」というのが参考になった。
    何度も読み返したい本。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月16日

    この会社で働いてみたい。そして”コミー文化”を身に着けたい。自分の生き方と方向性が似ていると思った。 「なぜ?」と問い続けること。考え続けること。常に思い違いや誤解があることを想定すること。常に改善し続けること。つまり、自らを更新し続けること。 忙しさに追われていつの間にかできなくなっていることばか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年03月15日

    コミーは看板製作から鏡製作の会社へ。その変化の柔軟性こそこの本で書かれている様々な要素が含まれている。以下ポイント抜粋。
    ・作り手の思い通りに製品を使いこなすユーザーはほとんどいない。だからこそ使用後の調査を大事にする。
    ・マニュアル、説明書、カタログ等はこれでもかというほど見直し、作り手側ではなく...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月15日

    小規模組織のマネジメントの成功例です。
    一人一人が考える癖をつけ、共有し、風化しないように残していくというポイントをユニークな手法で実現しています。
    読んでいて、ヒントになる部分が多く、飽きもこないので、スラスラと読めますね。
    ただ、いいトコばかりを取り上げていて、その裏にはかなりの苦労や失敗がある...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月12日

    世界初の総2階建て旅客機「エアバスA380」
    日本からも20社が参画したビッグプロジェクト
    そうそうたる企業に名を連ねる、あまり聞かない社名
    それが、社員30人にも満たない企業「コミー」
    エレベーターやコンビニなどで使う鏡をつくる会社

    いかにして、コミーが今のポジションを築いたのか
    社長のイニシア...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年07月09日

    なぜを徹底的に追究する姿勢に感服。また、ヌシ化の件は自分含め今の会社全員に当てはまりそう。自分に問題提起してくれた一冊となった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年12月23日

    なぜ分かり合えないのか?

    →ユーザーは作り手が思いもしないことを考えているもの
    なぜ買ってくれたのかを深く聞く方が次に繋がる
    なぜ?、問題発見、大騒ぎ、文字化、物語化
    日常の飽くなき問いが気づきを生み、その発見が他人や社会への感謝に繋がり、そこまで物事を掘り下げることでこれから自分が何をすべきかと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年07月13日

    タイトルはやや釣りが入っているが、なかなか興味深い本だった。
    コミュニケーションはとにかく取りつづける事が必要だし、しつこく質問を繰り返す事が必要。

    でもね、この本を読んで思ったのが「わかり合える」って表現が正しいか、って事。意外と「わかった」ってだけじゃないのかな?

    結果重視の会社でも、この会...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年04月17日

    メーカーが売りにしている点と顧客が評価する点が一致するとは限らない。そのズレを埋めるには顧客に聞くしかない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月24日

    まあ、こんなものかといったとこ。
    Kセラのエッセンスが入っているなーという感じですね。
    盛和塾の会員さんかも、なんて。
    と、思うとともに、Kセラの影響力大きんだなぁと改めて思った。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています