耳袋秘帖 妖談しにん橋

耳袋秘帖 妖談しにん橋

作者名 :
通常価格 600円 (546円+税)
紙の本 [参考] 607円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

深川で、西国雄藩の藩士と石川島から戻ったばかりの無宿人が相次いで不審な死を遂げた。二人とも、満月前後の夜に「四人橋(よにんばし)」を四人で渡り、自分の影だけが消えたと言い残していた。そして、そのことがあった一両日中の死だった…。四人で渡ると死人が出る“死人橋”の噂は、江戸の町に一気に広まった。なぜ影が消えるのか? 裏にうごめく悪の正体を、赤鬼奉行・根岸肥前守(ねぎしひぜんのかみ)が解き明かす! 新「耳袋秘帖」シリーズ第三巻。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
シリーズ
耳袋秘帖シリーズ
ページ数
281ページ
電子版発売日
2011年07月08日
紙の本の発売
2010年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

耳袋秘帖 妖談しにん橋 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2017年10月16日

    耳袋秘帖シリーズ第三弾三十間堀に架かる「四人橋」この橋を4人並んで渡ると1人の影が突然消え、影が消えた人物は、数日のうちに死んでしまう。そんな噂が広がった。今回もなかなか面白かった。何でもお見通しの根岸肥前守さまも、気の長い本当の悪党の心は見透かせなかった。いや、雲次は本当の悪党なのか?悪に魅入られ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by 読むコレ 2013年08月12日

    にしん橋に空目w

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月19日

    毎回、怪談(というか耳袋)を織り込みつつ、ちりばめた小さい伏線を全部最後に回収してくれるのが気持ちいいんですが、今回は確かに後味が悪いかも。ただその後味の悪さは悪人がほんとに悪かったってことで仕方がないかな…って。伏線については、読みながらこれはどう繋がるのかなと考えるのが楽しみです。
    ひびき姉さん...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月30日

    第三弾(新シリーズ)
    永代橋の崩壊にまつわる裏話がメインか?
    根気よく、何年後の計画をねる男、さすが防ぎようはなかったか?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年04月12日

    風野さんの作品。妻はくのいちを最近は読んでいましたが、耳袋は新シリーズになってから、ずっと読んでいませんでした。
    なんか、やるせない読後感。
    うーん。
    次はもうちょっとスカッとしたいなぁ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月04日

    奥さんの出番が少なくなりましたね。(^^;
    あいかわらず、怪談とか不思議な話とかを題材にした捕物帖で、楽しいシリーズですね。
    ちょっと、しにん橋のトリックについては、疑問も残りますが、捕物帖のトリックとしては、このくらいでも良いでしょう。
    どちらかっていうと、他の話の方が面白かったかな。
    まぁ、全体...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2016年01月20日

    耳袋秘帖妖談編の第3弾。
    当時の犯罪捜査は科学的じゃないから、よくわかんないもの=妖談ってことにもなったんだろうね。
    今回は抜け荷に絡んだ妖談でした。

    かつてのワル仲間が正義を裁く立場にもなれば、ワルのままだったり、表面は更生して実はワルに磨きがかかっちゃいましたって人もいるわけで…。
    人生いろい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2015年06月29日

    四人橋の影が消える謎はわかりにくいが、抜け荷一味のお頭の正体に意外性があり、その抜け荷のからくりに気付いた者が殺害されていたという展開は面白かった。また、常磐津の師匠のヒモ雲次の企みも、遠大で興味深かった。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年08月05日

    根岸肥前守が『後々まで切歯扼腕し、悔いることになった』のは
    橋番の甚さんのことなのか、永代橋の末路に関することなのか。

    町奉行周りの話だからか、何気に血生臭いというか、結構人が死ぬ。
    御禁制の物の抜け荷だとか、バックギャモンだとか、
    西洋から入ったらしきものがチラチラ出てくる辺りが
    維新が近いんだ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています