輪(RINKAI)廻

輪(RINKAI)廻

作者名 :
通常価格 600円 (税込)
紙の本 [参考] 606円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

最大70%OFF☆続・カドカワ祭 ゴールデン!

作品内容

茨城の旧家に嫁いだ香苗は、愛娘・真穂とともに義母にむごい仕打ちを受ける。耐えきれず離婚した香苗は、大久保に住む実母・時枝の元に身を寄せるが、やがて真穂の体にはアザやコブが……。時枝も真穂も「何も知らない」といいはるが、隣に住む女は「老女の声が聞こえる」という。声の主は誰? 30年あまり前、時枝が新潟の婚家から出奔したことと関係が? 親子3代のルーツが明らかになるとき、因縁が時と場所を越えて迫りくる! 第7回松本清張賞受賞の傑作ホラー。

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
257ページ
電子版発売日
2011年06月10日
紙の本の発売
2003年11月
コンテンツ形式
EPUB

関連タグ:

「輪(RINKAI)廻」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2017年11月15日

逆らえない人からいたぶられたから、他の人をいたぶる。
先輩後輩、上司部下、嫁姑などの上下関係で起こり部下が上司になり嫁が姑になる時繰り返される出来事。
自分がイジメられたから他者を虐めるのか、いつか人をいたぶるから虐められるのか?
そんな事を考えさせられました。
何れにしても嫌な事は全て自分の所で止...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年09月04日

嫁ぎ先の姑と実の母親ともうまくいっていない香苗
実の親との確執は違和感があるぐらい・・・

どうしても逃れられない怨念と復讐は恐ろしい
そして、それを金儲けにかえようと群がる人

怨念と復讐に翻弄される香苗の人生は切ないです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年02月21日

グイグイと読んでしまいました。

意地の悪いオババが自業自得の結末を迎えるけど
姿を変えてからなお、復讐しようとする。
それに巻き込まれた人の不幸。

意地悪することを生き甲斐にしている女って
哀しい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年05月30日

文庫を見つけたら、必ず買っている作者の一人です。
毎回引きつけられる設定で、面白く読めます。
子どもの頃から違和感のあった母子との関係。自分の娘への思い。
真実が分かっていくにつれ、変わっていく心情が切なくて、また迫るものがありました。
この作者の作品には、いつもどうしようもない悪人が出てきますね。...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「明野照葉」のこれもおすすめ

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,482

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!