雪ひらく

雪ひらく

作者名 :
通常価格 519円 (472円+税)
紙の本 [参考] 523円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

恋に落ちたら、相手に配偶者がいようがいまいが、恋心が止まらなくなる姉。その一生は奔放すぎた。彼女を“美しく風変わりな淫売”とよんだ妹が、心をこめて姉の人生を振り返る「最後の男」。家で洋裁の仕事をしながら、ひっそりと愛人の訪れを待つ美枝子の「仄暗い部屋」。失恋して帰ってきた故郷で、あらたな出会いの予感が…表題作「雪ひらく」。前へ前へ、恋にだけはとびきり大胆に突き進む女たち。その奥に秘められた官能の炎を描きつくす傑作短篇集。

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
272ページ
電子版発売日
2011年05月13日
紙の本の発売
2007年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

雪ひらく のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    女たちの愛と哀しみと、刹那の喜びを描いた短編集。
    官能と共に語られる女の真実の姿。
    個人的・好きな本ランキング第1位の神作品。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    「仄暗い部屋」と「雪ひらく」が好き。
    “終わることがわかっている、どうしようもない切なさが、好きで好きでたまらない”なんかいい。
    色恋がなくなってもずっと一緒にいたいと思うことも、一生側に居たいなんて思わないけどドキドキする瞬間を過ごす相手が欲しくなるのも、どっちも“好き”ってことじゃないかなーと。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月27日

    6編からなる短編集。各話の話の主人公は皆もう若さの盛りも過ぎ、老いること、身近にある死、それでも身体の裡にくすぶるかのような官能を感じられ、短いお話でしたが小池さんのエッセンスがぎゅっと凝縮されていて楽しめました。いつもながらの美しい描写に、匂い立つような官能の表現が素晴らしかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年10月22日

    不倫ネタばかりの短編集。表題作が一番良かった。一人でテレビを見てる大晦日の描写が秀逸。著者は短編作りと情景描写が本当に上手いと感じる一冊。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    なんかすごく今の気持ちにあった本だったんだと思う。
    まぁ、主人公はみんな中年(というのだろうか)だけれど。
    買ったのは少し前で、読んだのが今というのは
    やっぱり今の気持ちにあってるから、今手に取ったよな気がする。
    (08/05/05)

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年11月25日

    短編6話。
    おき火
    最後の男
    仄暗い部屋
    雪ひらく
    場所
    パラサイト
    文庫版あとがきにかえて

    なんとなく,後ろ向きの言葉が多い。
    生きていることが良いことだという確信は,誰でも持てるとは限らない。
    著者が何が書きたいかが分からないまま読み進むのは辛いかも。いろいろな女性がいるということと,女性のあ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年05月27日

    6作品の中で いちばん 記憶に残ったのは

    『場 所』 というタイトルの話だった

    既婚者の早希子が恋をして 別れて 3年・・・

    別れた彼の事で 思いがけない知らせを受けて

    動揺する 早希子の行動が 切なかった



    自分は何が欲しかったんだろう・・・何を求めていたんだろう・・・っと

    【愛?恋...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています