ブス愚痴録

ブス愚痴録

作者名 :
通常価格 559円 (509円+税)
紙の本 [参考] 565円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

長身、ハンサムでスポーツマンの赤木は、社内きってのプレイボーイとして有名だったが、このたび結婚。披露宴に招かれた赤木の上司・吉見は、花嫁の顔をみて絶句してしまう。花嫁はなんと、大女のデブで激ブス!(……こんなハズはない)驚きのあまり披露宴会場は静まりかえった──(「ブス愚痴録」)。小心控えめだった妻が勤めはじめるや、みるみる積極的になり、とまどう夫。丁寧すぎる人妻事務員にしびれる新入社員。男女の仲の不思議さを描く傑作短篇集。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
320ページ
電子版発売日
2011年05月13日
紙の本の発売
1992年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

ブス愚痴録 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2019年07月10日

    中年男性が妻や、職場や酒場で出会った女性達についての所感を吐露する形式の短編集。ページをめくる度に大笑いで、たいへん楽しく読めました。このユーモア感覚は田辺聖子さん独特のものなんでしょうね。たとえば…派遣のやり手社員のことを、包丁一本さらしにまいて会社から会社へと渡り歩いていく助けっ人、あるいは西部...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年11月21日

    女というものはやはりしたたかで根っこが深いです。
    その女の人に立ち向かおうとする男が
    ちょっとかわいそうに思えてきました。

    男の人は確かに力はあるけれども
    やはり女の人にはかないません。
    私の家でも現実にそうですし。
    一見亭主関白に見える「あんたが大将」のような
    作品もあります。
    結局は女は強いの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月04日

    皮肉たっぷりな男目線( ´艸`)
    てかワガママたっぷりな男目線て感じ(^◇^)
    それでも女は逞しい~~-y( ̄▽ ̄*)ウケケ♪

    ☆泣き上戸の天女
    ☆ブス愚痴録
    ☆開き直り
    ☆忠女ハチ公
    ☆波の上の自転車
    ☆日本常民パーティ事情
    ☆恋捨人
    ☆よごれ猫
    ☆あんたが大将-日本女性解放小史

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年01月14日

    センセーショナルなタイトル。
    みっともない女への怒涛の悪口でも、すかっと爽やかな気分にさせてくれるその手腕に感服です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年06月27日

    なんというインパクトあるタイトル…

    社内きってのプレイボーイ(高身長な男前ってあたりがベタ)が、遂に結婚!なんと花嫁は周囲も驚くデブス!
    まず表題作がこの調子なので、読まざるを得ない。

    美女とメタボ男等の組み合わせはたまに見掛けるものの、逆パターンはレアやと思う。多分男はある程度のレベル以上の女...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

文春文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング