龍馬(二) 脱藩篇

龍馬(二) 脱藩篇

作者名 :
通常価格 682円 (620円+税)
獲得ポイント

3pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

開国に踏み切った幕府に対し、尊王攘夷運動が高まっていた。安政の大獄でこれを弾圧した井伊大老は桜田門外で暗殺される。龍馬も、武市半平太が結成した土佐勤王党に加わる。長州の久坂義助と会談した龍馬は、その過激な方策に疑問を抱くが、勤王党も藩仕置役・吉田元吉の暗殺を計画していた。煩悶する龍馬は、脱藩して我が道をゆくことを決意、勝麟太郎に入門する。様々な史料を踏まえ、限りなく実像に迫ったシリーズ第二弾。

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2012年08月03日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

龍馬(二) 脱藩篇 のユーザーレビュー

レビューがありません。

龍馬 のシリーズ作品 1~5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • 龍馬(一) 青雲篇
    682円(税込)
    土佐郷士の家に生まれた坂本龍馬は、ジョン万次郎からアメリカの文明について聞かされ、まだ見ぬ世界への期待に夢を膨らませていた。嘉永六年、親友の妹と結婚の約束を交わした龍馬は一年間の江戸遊学へと旅立つ。小千葉道場で剣術修行に励む一方、佐久間象山を知るなど見聞を広めるが、折しもペリー率いる黒船が来航し、外国の脅威を目の当たりにする。土佐では、思わぬ悲劇が待ち受けていた。等身大の英...
  • 龍馬(二) 脱藩篇
    682円(税込)
    開国に踏み切った幕府に対し、尊王攘夷運動が高まっていた。安政の大獄でこれを弾圧した井伊大老は桜田門外で暗殺される。龍馬も、武市半平太が結成した土佐勤王党に加わる。長州の久坂義助と会談した龍馬は、その過激な方策に疑問を抱くが、勤王党も藩仕置役・吉田元吉の暗殺を計画していた。煩悶する龍馬は、脱藩して我が道をゆくことを決意、勝麟太郎に入門する。様々な史料を踏まえ、限りなく実像に迫...
  • 龍馬(三) 海軍篇
    682円(税込)
    勝麟太郎の口添えで、龍馬は脱藩の罪を許された。外国と対抗するためには、諸藩の力を糾合した日本国の艦隊が必要と考える勝は、文久三年、将軍・徳川家茂に直訴し、神戸に海軍繰練所を設立する。航海術を学び、世界との貿易を夢みる龍馬は、前途有為の若者たちが攘夷運動に命を捨てていくのを座視できず、塾生募集に奔走する。京都では、八月十八日の政変で尊王攘夷派が一掃され、土佐でも勤王党への弾圧...
  • 龍馬(四) 薩長篇
    682円(税込)
    禁門の変に敗れた長州藩に対し、長州征伐が開始された。さらに四国艦隊の下関砲撃が追い打ちをかける。一方、激派志士との関係を疑われた勝麟太郎は軍艦奉行を免職となり、龍馬たちは活動の場を失った。これを救ったのは西郷隆盛だった。薩摩藩の庇護のもと、亀山社中を結成した龍馬は、念願の海運交易に乗り出す。長州再征の動きが強まるなか、龍馬は、新たな政権を作るために、旧怨を超えた薩長の連携が...
  • 龍馬(五) 流星篇
    726円(税込)
    長州再征のさなか将軍・徳川家茂が急逝、さらに公武合体を推し進めた孝明天皇も崩御し、政情は混迷を極める。後藤象二郎との連携により、土佐藩の支援で海援隊を発足させた龍馬だったが、海難事故などの試練が続く。龍馬は船中八策であくまで平和的政権交代を主張、山内容堂の建白を容れた将軍・徳川慶喜は遂に大政奉還を表明した。慶応三年十一月十五日、近江屋に逗留する龍馬は、ただ新国家建設に夢をふ...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています