シフォンの風

シフォンの風

作者名 :
通常価格 440円 (400円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

OL3年目の佐和には会社の同僚である邦夫という恋人がいる。結婚も秒読みの状態だ。しかし、学生時代の恋人に再会し、心がざわめき始める。友人の沙奈江とその不倫相手の上司、邦夫に恋心を抱く後輩の友実子など、金沢を舞台に佐和をめぐってさまざまな人の思いと人生が交錯する。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
256ページ
電子版発売日
2011年06月28日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

シフォンの風 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2013年06月25日

    もやっ!
    っとする話なきがしますが、日常はこのような話の連続な気がします。
    ぼくが感じたシフォンの風はもやっとそれでいて爽やかな包み込むような風でした。
    佐和さんの周りの人たちのドラマを佐和さんの目線を通して見る、感じる様に進んでいきます。
    心理描写が上手いですね。グサリときます。
    主人公佐和は一貫...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月11日

    丁度自分がOLをバリバリ楽しんでいた頃の話だ。コピーはその頃1枚ずつガラス面に乗せて人数分とっていた。社内恋愛中で、振った振られたって話で毎日盛り上がっていた。そして毎日誰かしらと飲みに。あの頃が一番楽しかった。そんな時代を思い出させてくれた作品。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    古本屋にあったからとりあえず読んだ。
    すぐ読める。


    3年後の自分を見ているような

    見てないよ-な。

    女はやっぱり最後には【安定】を択ぶのか-。

    刺激的な人をスキになると安定は程遠い。
    安定を求めるとつまんない生活が待っている。

    いっつも刺激を優先している自分は、この先ど-...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月13日

    うまくいかない恋愛も思い出すと少し後悔やふわっとしてしまう感覚も、きっと次に向かって行けるって思える本。ずっと縛られる続ける必要はないし、違うかもは本当に違う。恋愛小説なんだけど、女の友情を感じる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年12月01日

    何ヶ月か振りにまともに本を読みました。
    OLさんともあろう登場人物たちが、家庭の固定電話で恋人と話すなど、少々内容に古めかしさを感じましたが、ベースとなる恋愛心理に古いも新しいも無いと思える世界を堪能させてもらいました。
    誰もが問題を抱えているのに、最後は皆乗り越えて行っている、爽やかなエンディング...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月08日

    古きよきOLの話。いまのOLも果たしてこういう感じなんだろうか。結婚をそこまで急がなくなった今でも回りは25,26でちらほらと結婚しだして、子供も生みますよっていう人が多い。私、大丈夫かな?女の子にとっての結婚って本当に大事だと思う。物心ついたときから「結婚」って言う言葉にあこがれて生きてる気がする...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年06月01日

    例に洩れずドロドロ。
    主人公の佐和が成長していく風が読み終わりにスッキリさせてくれる。

    唯川恵の小説は、ドロドロや修羅場が多いけど、登場人物の心情が所々でふわりと自分と重なる瞬間があって話に引き込まれる。
    心に残る一文が多かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年02月04日

    唯川恵さんの本は「これでもかっ!」っていうくらい読んでいる。最初は恋愛もの、そしてミステリー。いつもその展開に驚かされ、うまいなぁと思う。
    この作品もしかり。ただ、1991年の作品なので、今読むと随分時代錯誤な感じがする。お茶くみはOLの仕事だったり、社内恋愛はマル秘だったり、なにより携帯電話のない...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年01月05日

    OLとして生きる女性が対面する、様々な人間関係が綿密に描かれている。
    佐和の選んだ答えは、心に柔らかい決断だったと思わせる。
    人と心を通わせることは、こんなにも難しい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    この作品は、とにかく主人公に感情移入すればするほど最後に「してやったり!!」と思える作品。
    うっとおしい後輩も、結局は自分の相手ではなかった恋人も、どん底から這いあがってきた友人も、全て最後にスッキリ片がつく爽快感がたまらなく気持ち良かったです。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング