新書太閤記(七)

新書太閤記(七)

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
紙の本 [参考] 814円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

天正十年春、信長は得意の絶頂にあった。東方の脅威だった武田氏はわが蹂躙に沈み、天下統一の道は西国を残すのみ。その西国も、秀吉が高松城を包囲し、着々戦果を挙げていたが、救援毛利勢の動き如何では、覇業に頓座をきたすとも見えた。かくて信長出陣。だが出陣にも似ぬ軽装は、信長一期の不覚といえた。運命の本能寺! 鞭を揚げて東を指したのは、逆臣光秀であった。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
吉川英治歴史時代文庫
電子版発売日
2011年01月31日
紙の本の発売
1990年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

新書太閤記(七) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年05月19日

    本能寺の変により、織田信長が明智光秀に討たれる。
    これにより、日本が大混乱に陥る。
    誰が天下を取るか。
    光秀、家康、秀吉。
    それぞれが、それぞれの思惑により、勇躍する。
    いよいよ、秀吉の天下取りの物語が動き出した。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    天正10年春、信長は得意の絶頂にあった。東方の脅威だった武田氏はわが蹂躪に沈み、天下統一の道は西国を残すのみとなった。その西国も、秀吉が高松城を包囲し、着々戦果を上げていたが、救援毛利勢の動き如何では、覇業に頓座をきたすとも見えた。かくて信長出陣。だが出陣にも似ぬ軽装は、信長一期の不覚といえよう。運...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    天正10年春、信長は得意の絶頂にあった。東方の脅威だった武田氏はわが蹂躪に沈み、天下統一の道は西国を残すのみとなった。その西国も、秀吉が高松城を包囲し、着々戦果を上げていたが、救援毛利勢の動き如何では、覇業に頓座をきたすとも見えた。かくて信長出陣。だが出陣にも似ぬ軽装は、信長一期の不覚といえよう。運...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

新書太閤記 のシリーズ作品 1~11巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~11件目 / 11件
  • 新書太閤記(一)
    660円(税込)
    動乱の中世に終止符を打ち、新世紀を開いた豊臣秀吉の生涯を描く、規模雄大な出世物語。民衆の中に伍してゆく英雄として、秀吉は古来、誰からも愛されてきた。――奔放な少年時代を過ごした日吉が、世間を見る眼も肥え、生涯の主君として選んだのが、うつけで知られる織田信長。随身を機に名も木下藤吉郎と改め、着実に出世街道を歩んでいく。
  • 新書太閤記(二)
    660円(税込)
    信長を主に選んだ藤吉郎のすばらしい嗅覚。これは彼の天賦の才で、寧子への求婚でも言える。恋がたき前田犬千代との、虚々実々の妻あらそい。だが、本巻の眼目は、田楽狭間の急襲にある。永禄三年、今川義元は数万の兵を率い、西征の途に立った。鎧袖一触と見くびられた織田勢であったが、信長は敢然とその前に立ちはだかった。この一戦の帰結が、戦国の流れを変えていく。
  • 新書太閤記(三)
    660円(税込)
    桶狭間の大勝は、尾張に信長あり、と武名は喧伝されたが、天下統一へは第一歩を踏み出したにすぎない。次なる目標は、美濃の攻略である。その拠点ともなるべき洲股。濃尾の国境をながれる天然の要害の地に、織田軍団の足場をつくりたい。これが信長の渇望であった。だが言うは易く、工事は至難。重臣、みな反対である。時に藤吉郎ひとり、賛成論をブッた。当然、大命は藤吉郎に。
  • 新書太閤記(四)
    660円(税込)
    出る杭は打たれる。――永禄の終わりから元亀の初めにかけての信長が、まさにその状態に置かれていた。東北には武田・上杉の古豪が若輩何するものぞと眼を光らし、西北には浅井・朝倉が虎視眈々と隙をうかがっている。折も折、西上を打診しつづけていた信玄は、信長の盟友である徳川家康を襲い、浜松城北方の台地・三方ケ原で徳川軍を粉砕する。家康、生涯唯一の完敗であった。
  • 新書太閤記(五)
    660円(税込)
    家康と信長の援軍が三方ケ原で完敗を喫してから3年、信長・家康の連合軍は宿敵武田軍に潰滅的な打撃を加えた。世にいう長篠の合戦である。武田の騎馬軍団を織田の鉄砲軍団が完膚なきまでに叩きのめした一戦であり、実戦に鉄砲の威力を採り入れた信長の炯眼が光っていた。また、三河武士の名をあげたものに、鳥居強右衛門の懦夫をも起たす鬼神の働きがあり、家康も面目を施す。
  • 新書太閤記(六)
    660円(税込)
    信長の天下統一の最後の難敵が毛利一族。この征討にあたるのが秀吉である。しかし、連戦連勝を重ねた金瓢も、今度はどうしたものか生気がない。一城を奪えば、また奪回され、戦線は膠着。信長の苛立ち、秀吉の苦慮。そして秀吉が股肱とも頼む、竹中半兵衛の身にも異変は起きた。一方、衰運急な武田氏は春の淡雪と共に消え、戦国地図は大いに変わろうとしている。
  • 新書太閤記(七)
    660円(税込)
    天正十年春、信長は得意の絶頂にあった。東方の脅威だった武田氏はわが蹂躙に沈み、天下統一の道は西国を残すのみ。その西国も、秀吉が高松城を包囲し、着々戦果を挙げていたが、救援毛利勢の動き如何では、覇業に頓座をきたすとも見えた。かくて信長出陣。だが出陣にも似ぬ軽装は、信長一期の不覚といえた。運命の本能寺! 鞭を揚げて東を指したのは、逆臣光秀であった。
  • 新書太閤記(八)
    660円(税込)
    信長凶刃に斃るの報を、織田の諸将はどう受けとったか。秀吉は備中・高松城を水攻めに計った矢先。もし毛利方に信長の死が洩れたなら、情勢はどう変っていくか。まさに薄氷をふむ思いの秀吉であった。だが、彼の心気は生涯のうちで最も充実していた。――主君の弔合戦に姫路城を進発した秀吉の眉間は明るく、思惑はずれの天下に失望した光秀とは、好対照をなしていた。
  • 新書太閤記(九)
    660円(税込)
    天下統一にまっしぐらに進んでいた信長の死。しかも嗣子の信忠もろともの死であっただけに、後継者問題は波乱ぶくみであった。清洲会議の決定も、次第に宙に浮いていく。いち早く光秀を誅殺し、家中第一の発言権を確保した秀吉、一歩遅れたりといえど、宿老として重きをなす勝家。激化する二人の対立に、信長の子・信雄、信孝の思惑がからんで、賤ケ嶽合戦へと進んでいく。
  • 新書太閤記(十)
    660円(税込)
    信長の死後1年、めまぐるしい情勢の変化だった。しかし、賤ケ嶽の一戦をもって、信長の衣鉢はすべて、秀吉に継承されたといえよう。ただ一人、秀吉には強敵が残った。海道一の弓取り家康である。その家康も名器“初花”を秀吉に献じて戦勝を祝した。――だが、秀吉の天下経営に不満を抱く信長の次子・信雄は、家康と結び、秀吉に敵対する。かくて小牧山に戦端が開かれる。
  • 新書太閤記(十一)
    660円(税込)
    山崎、賤ケ嶽の合戦と、破竹の勢いで進んできた秀吉軍が、たとえ一部隊にせよ、長久手で家康軍に完敗したことは、今後の戦局、いや政局に微妙な翳を落とさずにはおかない。秀吉には苦汁を、家康には遅まきの美酒を。――家康の不撓不屈の闘志と、秀吉の天才的なヨミが激突する。そして秀吉が一歩先を制した。長らく信長の陰に隠れていた秀吉の“力”が、ここに全容をみせる。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています