一途な第二王子は不遇の伯爵令嬢に真実の愛を囁く

一途な第二王子は不遇の伯爵令嬢に真実の愛を囁く

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

美しい双子の妹・ラケルと常に比べられ、“双子の出来が悪い方”“双子の地味な方”と呼ばれ冷遇されてきた伯爵令嬢のヒルダ・ブローム。両親の愛情は愛らしい妹に向けられ、屋敷をしばしば訪れる幼馴染のイェルドも妹に見惚れてばかりだ。ヒルダはイェルドに恋心を抱いていたが、ラケルを盲信する彼を見続けるうちにその恋心も萎みつつあった。すべての贅はラケルのためにあり、伯爵家の恥にならない程度の質素なものだけがヒルダに与えられる。ヒルダは愛を得ることを、すっかり諦めていた。そんな日常の中での慰めは、五年前、病にかかり行くことになった療養地で出会った、三つ年下の美しい謎の少年……“アレク”との手紙のやり取りだった。ある日、ヒルダに“後妻を探している侯爵様”との結婚話が浮上する。幼馴染のイェルドとの婚約が決まったラケルの「私だけお嫁に行くのでは、お姉様が可哀想」という一言から決まった縁談らしい。幸せな結婚をするラケルとは違い、自分は高位貴族との繋がりのために四十歳近くも年上の、好色として有名な侯爵の元に売られるのだと涙するヒルダ。そこへ、長い間外交に出ていた第二王子アレクサンデルから突然、「ブローム家の娘を花嫁に迎えたい」と書状が届く。突然の王子からの求婚に色めき立つ両親とラケルだったが、屋敷を訪れた第二王子はラケルには目もくれず、「僕が迎えにきたのはヒルダだ、その女ではない」と言い放ち……。

カテゴリ
TL
ジャンル
TL小説
出版社
くるみ舎
掲載誌・レーベル
こはく文庫
電子版発売日
2021年09月17日
サイズ(目安)
1MB

一途な第二王子は不遇の伯爵令嬢に真実の愛を囁く のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    購入済み

    王道のシンデレラストーリー

    riria 2021年10月17日

    この作者の他のお話が良かったので、こちらも読んでみました。悪者に天罰が下り、健気な女の子が幸せになるのは、気持ちいいですね。番外編、新婚編もぜひ読みたい!

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    溺愛系

    匿名 2021年09月27日

    ヒーローが幼い頃に出会ったヒロインを一途に思い続けていて健気でした。その背景もお互いの寂しさやらを重ねていたので無理なく受け入れられました。妹も断罪されましたがもう少しひねりが欲しかったです。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    スカッとしました

    ごまゆう 2021年09月18日

    誰からも愛されずに育ったヒロインと、そんなヒロインを溺愛するヒーローのお話です。とにかくヒロインの両親と妹が嫌なキャラだった。自分の子どもなのにそこまで差別するか?と思いました。妹も姉が嫌な思いをしているのを見て自分の幸せを実感している感じです。こんな女が本当にいたら嫌われるんだろうなぁ。最後はヒロ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

こはく文庫 の最新刊

無料で読める TL小説

TL小説 ランキング