弦月の風 八丁堀剣客同心
  • 完結

弦月の風 八丁堀剣客同心

作者名 :
通常価格 628円 (571円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

日本橋の薬種問屋に賊が入り、金品を奪われた上、一家八人が斬殺された。風の強い夜に現れる賊――隠密廻り同心・長月隼人は、過去に江戸で跳梁した兇賊・闇一味との共通点に気がつく。そんな中、隼人の許に綾次と名乗る若者が現れた。綾次は両親を闇一味に殺され、仇を討つため、岡っ引きを志願してきたのだ。綾次の思いに打たれた隼人は、兇賊を共に追うことを許すが――。書き下ろし時代長篇。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
角川春樹事務所
掲載誌・レーベル
時代小説文庫
ページ数
261ページ
電子版発売日
2021年09月15日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

弦月の風 八丁堀剣客同心 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2013年01月24日

    八十吉引退後のお話
    可愛い嫁さんも21歳となった
    世代交代後でも物語は続く
    なんでか面白い剣客同心シリーズです

    このレビューは参考になりましたか?

八丁堀剣客同心 のシリーズ作品 全20巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~20件目 / 20件
  • 弦月の風 八丁堀剣客同心
    完結
    日本橋の薬種問屋に賊が入り、金品を奪われた上、一家八人が斬殺された。風の強い夜に現れる賊――隠密廻り同心・長月隼人は、過去に江戸で跳梁した兇賊・闇一味との共通点に気がつく。そんな中、隼人の許に綾次と名乗る若者が現れた。綾次は両親を闇一味に殺され、仇を討つため、岡っ引きを志願してきたのだ。綾次の思いに打たれた隼人は、兇賊を共に追うことを許すが――。書き下ろし時代長篇。
  • 逢魔時の賊 八丁堀剣客同心
    完結
    夕闇の神田連雀町の瀬戸物屋に賊が押し入り、主人と奉公人が斬殺された。賊は金子を奪い、主人の首をあたかも獄門首のように帳場机に置き去っていた。さらに数日後、事件を追っていた岡っ引きの勘助が、同様の手口で殺されているのが発見される。隠密同心・長月隼人は、その残忍な手口に、強い復讐の念を感じ取る。逢魔時に現れる賊――探索を始めた隼人は過去に捕縛され、打首にされた盗賊一味との繋がりを見つけ出すが……。町方をも恐れない敵に、隼人はどう立ち向うのか?大好評書き下ろし時代長篇。
  • かくれ蓑 八丁堀剣客同心
    完結
    事件の探索にあたっていた岡っ引きの浜六が、何者かによって斬殺された。鋭い太刀筋で首を刎ねられたのだ。浜六は、自殺として片付いた事件を再度一人で調べていたらしい。だが、数日後、今度は大店の呉服屋の主人と手代が同じ手口で殺されてしまう。二つの事件の関わりは何か?奉行の命を受けた隠密同心・長月隼人は、見えざる下手人の手がかりを求め、探索を開始するが――。町方をも恐れぬ犯人の正体と目的は?大好評時代長篇、待望の書き下ろし。
  • 黒鞘の刺客 八丁堀剣客同心
    完結
    日本橋本町の薬種問屋に強盗が押し入り、八百二十両もの大金が奪われた。幕府へ納める冥加金を集金した矢先の出来事だった。黒鞘の脇差を持ち、手引きした者だけを殺す手口から、近辺で起こっている強盗事件と同一犯と思われた。奉行より密命を受けた隠密同心・長月隼人は、僅かな手がかりを頼りに探索に乗り出す。狙いを定めた店の者に奸計を仕掛ける賊の手口を掴んだ隼人は、次々と名前を変える人物に辿り付くが・・・・・・。恐るべき賊の正体とは!?大好評書き下ろし時代長篇。
  • 赤い風車 八丁堀剣客同心
    完結
    深川の稲荷のそばで遊んでいた女児が、何者かに攫われる事件が起きた。十両の金と引き換えに子供を連れ戻しに行った手習い師の男は、斬殺されて大川に捨てられていた。下手人たちは、五色の風車で子を惹きつけて、連れ去るのだという。やがて、同様な手口の事件が江戸で続発するようになる。隠密廻り同心の長月隼人は、僅かな手がかりをもとに、探索を開始するが――。風車を使う犯人の正体とは!? 大好評書き下ろし時代長篇。
  • 五弁の悪花 八丁堀剣客同心
    完結
    与力や同心の組屋敷を臨む八丁堀の中ノ橋付近で、定廻り同心の菊池と小者が、武士風の二人組みに襲われ斬殺された。奉行から直々に命を受けた隠密廻り同心の長月隼人は、下手人の探索に乗り出す。さらに自らの仕える同心を喪った岡っ引きの弥十も、隼人に願い出て、菊池の仇を討とうとしていた。聞き込みを重ね、手がかりを掴んだ矢先、今度は弥十が敵の手に――。八丁堀を恐れず凶刃を振るう敵に、隼人は決死の戦いを挑む! 大好評書き下ろし時代長篇。
  • 遠い春雷 八丁堀剣客同心
    完結
    江戸市中で、町人の懐を狙った辻斬りが続けて起こった。目撃されたのは、老いた牢人風の男だったが、その太刀筋には鋭いものがあった。さらに、今度は、大店の主人と番頭が斬殺され、その太刀筋からは、前の事件と同じものが――。南町奉行所隠密廻り同心の長月隼人は、手下とともに事件の周辺を探り始め、続発する殺しのある違いに気付くが・・・・・・。恨みと哀しみに満ちた事件の真実が明かされたとき、隼人の正義の剣が奔る。大好評書き下ろし時代長篇。
  • うらみ橋 八丁堀剣客同心
    完結
    神田鍛治町の薬種問屋に賊が押し入り、八百両もの大金が奪われた。店の人々は無事だったものの、翌日には盗まれた金のごく一部が隣町の長屋に撒かれているのが見つかる。犯人は、義賊を装う手口から、近年江戸で跋扈する「菩薩の稲次」であると思われた。稲次一味を捕えるため、奉行より命を受けた隠密同心・長月隼人は探索の途中で、稲次に大金を奪われ自殺した問屋の息子・島次郎兄妹と出会う。仇の稲次を日々追い続ける島次郎。哀しみを背負った兄妹の願いに、隼人の怒りの剣が唸る。大好評書き下ろし時代長篇。
  • 夕映えの剣 八丁堀剣客同心
    完結
    深川の材木問屋を強請った牢人の小田切一味を捕えるため、定廻り同心の関口と天野たちは、その隠れ家を取り囲んでいた。だが、待ち構えていた手練れ武士により、返り討ちに遭った関口は、無残にも斬殺されてしまう。兄を喪い、残された弟妹は、同心の世襲の危機に晒されていた。奉行より密命を受けた隠密同心の長月隼人は、同心殺しの小田切を追い始めるが・・・・・・。兄の仇を討とうとする弟妹の切なる願いに、隼人の怒りの剣が奔る。大好評書き下ろし時代長篇。
  • 闇の閃光 八丁堀剣客同心
    完結
    月夜の深川の堀端で、賭場などを仕切る泉兵衛一味が斬殺体で発見された。その中には、大工の与助がおり、通りがかりを巻き込まれたと思われた。調べから、泉兵衛と縄張り争いをしていた般若の亀蔵一味が下手人と目されたが、亀蔵の行方は全くつかめない。その矢先、下手人を調べていた岡っ引きが斬殺され、町方への脅しとも取れる行動を犯人たちが起こす。だが、父親の与助を殺された房助は、哀しみを背負いたった一人で下手人を探そうと奔走していた――。その姿を見た隠密同心・長月隼人は下手人を挙げることを房助に誓う。大人気書き下ろし時代長篇。
  • 夜駆け 八丁堀剣客同心
    完結
    深川の飲み屋で店の親爺とその女房が斬殺された。店が物色された様子もないことから、元岡っ引きで親爺の寅五郎を狙ったものと思われた。数日後、今度は薬種問屋に強盗が入り、千二百両もの大金が奪われる事件が起きた。殺された番頭の首には、寅五郎と同じ刀傷が――。奉行から密命を受けた隠密同心の長月隼人は、二つの事件にある共通点を見出す。かつて江戸を騒がせた黒鴨一味とそれを追っていた寅五郎。復讐の牙を剥いた盗賊たちに、隼人の剛剣が立ち向かう。大好評書き下ろし時代長篇。
  • 蔵前残照 八丁堀剣客同心
    完結
    浅草瓦町の蔵宿・大野屋に雇われていた対談方(用心棒)の猪之助が、何者かに突き殺された。三月ほど前にも対談方の牢人が、刀のようなもので一突きにされた矢先の出来事だった。隠密同心の長月隼人は、奉行から事件の探索を命じられるが、目付方にも探索の動きが――。何者かに脅されているのか、口を閉ざす蔵宿の主たち。そして下手人を必死に追う隼人たちの前に、恐るべき剣客たちが姿を現す。果たして隼人は強敵に打ち勝つことができるのか。大好評書き下ろし時代長篇。
  • 双剣霞竜 八丁堀剣客同心
    完結
    野上道場の門弟二人が何者かに惨殺された。一人は首筋を横に裂かれ、もう一人は袈裟懸けに大きく斬り下げられていたという。隠密廻り同心・長月隼人は、直心影流の兄弟子にあたる道場主の野上から、二人の無念を晴らしたいとの思いを聞き、探索を始める。同じ頃、江戸では商家の番頭と手代が殺される事件が続いていた。襲われたのは、いずれも陸奥国彦里藩と取引のある店の者であった。骸の刀傷から、門弟殺しとのつながりを見抜いた隼人は、やがて彦里藩を蝕む悪と対峙することに……。大好評書き下ろし時代長篇。
  • 火龍の剣 八丁堀剣客同心
    完結
    浅草、本所、深川辺り一帯を牛耳っていると囁かれながら、これまでまったく表に出てこなかった闇世界の大親分・駒形伝兵衛。その正体への糸口を掴むべく、南町奉行所は浅草田原町の賭場へ手入れをおこなった。だが、その時に捕えた伝兵衛の倅・彦十郎が牢死してからというもの、捕物に加わった者たちが次々と惨殺されていく。奉行所内に我が身も危ないとの不安が広がる中、八丁堀隠密同心・長月隼人も探索に立ち上がった。〝火龍〟なる必殺剣の遣い手を擁し、自らは闇に紛れ込む悪の元締を、隼人はいかにして追い込むのか――。大好評書き下ろし時代長篇。
  • 朝焼けの辻 八丁堀剣客同心
    完結
    待望の嫡男誕生からこっち、長月家は菊太郎を中心に穏やかな日々が続いていた。そんな折、隼人のもとに、南町奉行所定廻り同心・横山安之助の手下二人が殺されたとの報が届く。彼らは殺される直前、二年ほど前に死んだはずの盗人一味・品川三兄弟について探っていたという。どうやら、生き延びた次男の元次が新たな一味を結成し、また盗みを繰り返しているらしい。さっそく探索に乗り出した隼人だったが、蛇のような目をした男に「これ以上関わるとお子に会えなくなる」と脅されて――。江戸の闇を相手に隼人の剣が冴える、大好評書き下ろし時代小説長篇。
  • 折鶴舞う 八丁堀剣客同心
    完結
    八丁堀隠密同心・長月隼人のもとに、浅草諏訪町の大河端で、蔵宿のあるじと奉行人の骸が見つかったとの報が届いた。血の海と化した現場には、赤く染まった折鶴が落ちていたという。一月前、牢人と遊び人ふうの男が惨殺された横に、やはり血染めの折鶴が残された現場に立ち会っていた隼人は、すぐさま犯人の探索に加わった。聞きこみを続けるうちに耳にしたのは、哀れな女の身の上話。そして、いよいよ犯人と相対することとなったとき、隼人が聞かされた殺しの動機とは……。大好評書き下ろし時代小説長篇。
  • 酔狂の剣 八丁堀剣客同心
    完結
    神田川の和泉橋付近と日本橋の大川端で、同じ手のものと見られる武士の骸が立て続けに見つかった。いずれも逆袈裟と袈裟に斬られた凄絶な死体で、うち一件を目撃した者によれば、牢人風の男が奇妙な気合いを発して武士を斬った後、懐を探っていたという。十日後、今度は小網町で三体の亡骸が発見された。そのうち先の事件と同じ傷を受けて死んでいたのは旗本の西条平兵衛といい、幕府の要職・御小納戸頭取・浅川洋之助の弟だという。連続惨殺事件の裏に隠された企みとは――。隠密同人・長月隼人の剣が冴える!大好評書き下ろし時代長篇!
  • 鬼面の賊 八丁堀剣客同心
    完結
    数えで三歳となる可愛い盛りの長男・菊太郎の父でもあり、鬼隼人として恐れられる剣士でもある南町奉行所隠密廻り同心・長月隼人。ある日隼人のもとに、深川佐賀町の油問屋・浜松屋に押し込みが入り、主や奉公人が五人も殺されたとの報せが届く。生き残った者から、賊は鬼の面をしていたと聞いた隼人は、六年ほど前、江戸市中で鬼面党と呼ばれる盗賊に次々に大店が襲われた事件を思い出す。鬼面党は何者かの密告により皆討たれたはずだったが――。暴かれる悲しくも歪んだ覚悟とは!?惨忍な盗賊たちを相手に隼人の剣が唸る、大好評書き下ろし時代小説長篇。
  • みみずく小僧 八丁堀剣客同心
    完結
    木刀を振りまわして遊ぶようになった長男・菊太郎の相手をしていた南町奉行所隠密廻り同心・長月隼人のもとに、日本橋日網町の米問屋・松坂屋に押込みがあり、ふたりが殺されたとの報せが届いた。賊のひとりは、まるでみみずくのような頭巾姿だったという。隼人は、五、六年ほど前に、今回と同じようないでたちで“みみずく小僧”と呼ばれていた盗賊を思い出すが、盗みはしても決して人を傷つけることがなかった当時と今回の手口の違いに疑問を抱く。事件の真相やいかに!?鬼隼人の剣がますます冴えわたる、大好評書き下ろし時代小説長篇。
  • 隼人奔る 八丁堀剣客同心
    続巻入荷
    南町奉行所隠密廻り同心・長月隼人が、数えで七歳となった嫡男・菊太郎に打ち込みの稽古をつけていたある日、御用聞きと下っ引きが殺られたとの報せが入った。生前のふたりは、深川の賭博を探っていたという。隼人はさっそく聞き込みを始め、半月ほど前に、やはり深川の賭博を探っていた北町奉行所の二人が殺されたことを知る。そしてその直後、今度は同心と岡っ引きが凄惨な骸となって見つかった。恐怖心にとらわれた捕り方たちが探索に尻込みするなか、隼人は、利助をはじめとする手下たちと共に、見えない敵に立ち向かう。「八丁堀剣客同心」シリーズ、隼人篇がいよいよ最終回!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

時代小説文庫 の最新刊

無料で読める 歴史・時代

歴史・時代 ランキング