「加藤明」おすすめ作品一覧

「加藤明」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/04/21更新

ユーザーレビュー

  • 「超」実用的文章レトリック入門
     さすが朝日新聞記者。スキあらば自民党批判、ネット批判を折り込み、朝日新聞のしてきたことは鍵をかけてしまい込む。見事である。政府を批判すれば今なら炎上するだろうなどと言っているが、正鵠を得ていない、批判のための批判と見抜かれていることに気づいていない(正鵠を得ていればどんなにキツイ表現でも賞賛される...続きを読む
  • 「もっと読みたい」と思わせる文章を書く
    エッセイの書き方指南書。作文は自己満足、エッセイは読み手を意識して書く。起承転結を意識して書く。作者は週刊誌の編集長を勤めたこともあり、エッセイ講座も開いている。その受講者のエッセイを例として使われており、分かりやすくエッセイ見本集としてもおもしろい。
  • 「もっと読みたい」と思わせる文章を書く
    エッセイは起承転結で書く。その中でも最も書きたいことを転に配置する。起と承は、転への導入で利用する。これだけでも文章が苦手だった私にとっては、かなり有用な情報だった。もちろんこれ以外の型もあるが、まずはこの型で練習することによって、基本が身に付いてくると書かれている。守破離の考え方と同じだったので、...続きを読む
  • 「もっと読みたい」と思わせる文章を書く
    ちょっとした文章を書くためのコツを教えてくれる参考書。

    ・型(基本)を身につける。
    ・一番言いたいことを「転」に置く。
  • 「もっと読みたい」と思わせる文章を書く
    「起承転結」を意識して書く!
    「読み手」を意識する!

    一番書きたいことは、「転」で書く!


    会社のブログを、週一回担当して書いている。
    少しでも、読んでもらえるような文章を心がけたい。
    とりあえず、明日アップ予定の文章を、
    「起承転結」を意識して、書き換えてみた。