蓮見圭一の一覧

「蓮見圭一」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/12/18更新

ユーザーレビュー

  • 水曜の朝、午前三時
    友人にお勧めされたので読んでみました。
    著者の作品は初めて読みましたが、文体かなり好みです。

    1970年の大阪万博を舞台とした恋愛小説ですが、単純な在日朝鮮人との悲恋話として語ることのできない一冊です。
    50年前と現代では差別に対する考え方にギャップがあるとは思いますが、そのあたりは当時の世相や風...続きを読む
  • 水曜の朝、午前三時
    直美さんの短くて長い人生の話。
    ある半年間に起きた出来事。
    ドキドキしたり、切なくなったり、
    でもまさかね。
    そしてまたまさかね。
    前に読んだ気がしてたんだけど、こんなに衝撃を受けるくらい本当に忘れていたなら、自分も大人になった証拠や。
  • 水曜の朝、午前三時
    主人公がとても知的明瞭で、冒険心が強い。何かしたいけど、うまくやり切れない。大阪万博という華やかだけれど、まだまだ不安定な日本だった時代に、葛藤を抱えながらも、気高く、力強く生きていく姿がとってもカッコいいです。
    ツンとしていて、音楽や文学、哲学等にも精通していて、おしゃれ。頑固だけれど、自分の考え...続きを読む
  • 水曜の朝、午前三時
    素晴らしかった。
    宝物にしたい文がたくさん出てきた。
    抜粋
    「その人が言ったことをそんなに気にしなければいけないほど、お前はその人のことを重視しているのか」
    「人生とは宝探しなのです」
  • 水曜の朝、午前三時
    初めて読んだのは何年も前だが、読後の切なさとともに強く印象に残っている作品。たまに読み返したくなる本。