「横山三四郎」おすすめ作品一覧

【横山三四郎】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/02/14更新

ユーザーレビュー

  • ロスチャイルド家 ユダヤ国際財閥の興亡
    [家の中の家]近代ヨーロッパにおいて、その卓越した情報力と金融力を基礎として栄えたロスチャイルド家。その影響力と知名度の大きさから、時には陰謀論と絡めながら語られることすらあるこの一族の歴史を、史料に基づき丁寧に記した作品です。著者は、上智大で学び同大学で教えたこともある横山三四郎。


    私もそうだ...続きを読む
  • ロスチャイルド家 ユダヤ国際財閥の興亡
    世界を動かすロスチャイルド家。
    歴史にどれだけ関わってきたかが鮮明に描かれている。
    パレスチナ問題などを知るうえでは欠かせない存在である。

    またロスチャイルド家の歴史は非常に示唆に富んだ内容で勉強になった。
  • ロスチャイルド家 ユダヤ国際財閥の興亡
    よくは知らないが、誰もが耳にしたことがあるロスチャイルド。この本は読みやすく、彼らの歴史と全体像が分かる。

    ロスチャイルドの歴史を知ることは、ヨーロッパの近年の歴史と現在を知ることと言えるくらい、ヨーロッパ諸国への影響力は大きかった。商才のあった1代目マイヤーは、5人の子供に意志を受け継ぎ、やがて...続きを読む
  • ロスチャイルド家 ユダヤ国際財閥の興亡
    [ 内容 ]
    紋章に刻まれた言葉は協調・完全・勤勉。
    家訓は「語るなかれ」。
    徹底した秘密保持と、一族の結束と連係で国際金融を制覇し、今なお世界を牛耳る巨大財閥の実像を描く。

    [ 目次 ]
    第1章 歴史を彩る
    第2章 金融王国への階段(19世紀)
    第3章 不死鳥の世界財閥(20世紀)
    第4章 受難...続きを読む
  • ロスチャイルド家 ユダヤ国際財閥の興亡
    世界の富の半分を支配するとも噂されるユダヤ財閥のロスチャイルド家。
    ユダヤというと、トンデモ話が
    簡潔にまとまっており、