田中美穂の一覧

「田中美穂」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/12/09更新

ユーザーレビュー

  • わたしの小さな古本屋
    田中美穂さんが、古本屋さんをするまで、そして始めてからのお話が書かれています。読むと、こんな人生もあるんだなぁ、自分もまだまだ可能性を秘めているかもしれないと前向きな気持ちになります。
  • わたしの小さな古本屋
    今となっては「今どきの本屋特集」のような雑誌等でよく紹介されている岡山県倉敷市の古本屋「蟲文庫」。「苔」「古本屋」で検索出来ちゃいそうな(検索かけていないので、あくまで想像)店主による様々な媒体で綴られてきた文章を纏めた本。

    21歳で経験も知識も豊かな売り物も無く、突如始めた古本屋店主のゆるやかな...続きを読む
  • ときめくコケ図鑑
    ますますコケに魅せられる本

    前作の『苔とあるく』にしろ、今作の『ときめくコケ図鑑』にしろ、著者のコケに対する愛がハンパないです。

    この2冊を読んで、まだコケ観察をしていない身なのに、コケのことが好きになってしまいました。

    しかも、近々「コケ入門講座」に参加することになっています。

    一気にコケ...続きを読む
  • ときめくコケ図鑑
     コケ初心者にも分かりやすい、コケの図鑑。

     コケの概要、分類から、図鑑のページは写真をふんだんに使って、見てきてもとてもきれいです。
     コケをクローズアップすると、こんな形状や色だったのかと、ミクロのすごさを感じます。

     まず、コケに蘚類、苔類があるというのも、改めて発見したし、それぞれの生育...続きを読む
  • わたしの小さな古本屋
    蟲文庫での出来事を綴ったエッセイ。
    20代で古本の世界に飛び込んだ田中さん。
    彼女のような生き方に憧れる人も多いだろう。
    だが自分の居場所を作り、それを守り続けることが
    いかに覚悟が必要なものであるか。
    この本を読むとよくわかる。

    蟲文庫に流れる時間のゆるやかさゆえ表には見えないが、危機も幾度とな...続きを読む