飯田真弓の一覧

「飯田真弓」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/07/08更新

ユーザーレビュー

  • 税務署は3年泳がせる。
    飯田氏の著作ははじめてよみましたが、非常によみやすくスイスイ読み進めることができました。
    また税務署の業務がその場面が目にありありと浮かぶほどリアルに描かれており、すっかり没入して一気に読み切ってしまいました。
    また業務委託と雇用契約の違いなど、一般市民にとっても「ああ、そうなんだ、なるほど」と思わ...続きを読む
  • 税務署は3年泳がせる。
    目次を見るだけで、そうなの?そうなんだ!という感じで、詳細を読みたくなる。
    税務署目線で語られているので、それなりに面白い。アフィリエイト収入や、扶養控除の意外な盲点など、へぇという感じ。
    事の事象は会話ベースでイメージしやすく、一ネタがちょうどいい短さ。
  • 税務署は見ている。
    ・税金かかるなんて知りませんでした、なんていうのは、赤信号が止まれの意味だとは知りませんでした、というのと同じくらい、ナンセンス。
    ★たしかに。
    ・任意の調査の場合は、経営者が来るまでお待ちください、と言っていい。
    ・とにかく、税務署が来る、となったときは、対応は丁寧に。というか、それはどんな人に対...続きを読む
  • 税務署は見ている。
    税務調査の電話で印象が悪いとその後の方向性も決まる。
    税務署はKSKというシステムを使っている。地域や税目を越えて情報を一元的に管理するシステム。全524の全ての税務署が一元的ネットワークで結ばれている。提出された申告書のデータの数字が標準値から大きくかけ離れたものが調査対象にあげられやすくなる。
    ...続きを読む
  • 税務署は見ている。
    節税の指南本ではなく、税務署員の普段の仕事ぶりが中心に書かれているエッセイだった。
    肩肘張らずすんなり読めたのがよかった。