中村光夫の一覧

「中村光夫」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

NEW
日本の近代小説
924円(税込)

作品一覧

2019/09/26更新

ユーザーレビュー

  • 風俗小説論
    近代リアリズムの発生、展開、変質、崩壊と章を分けて近代小説が論じられる。発生では、花袋の私小説が藤村に文壇での影響力で勝った様が述べられる。展開では私小説が、作家個人=作中の人物ということを、書き手だけでなく読み手も前提とせざるを得ないことを嘆く。芸術に作家個人のスキャンダル性などを透かすことを嫌悪...続きを読む
  • 日本の近代小説
    [ 内容 ]
    小説は人びとの精神と生活のもっとも偽りのない鏡である。
    本書は、成島柳北や仮名垣魯文の開化期から、森鴎外や夏目漱石を経て芥川竜之介の死にいたるまで、明治・大正期の作家とその代表的作品のすべてを網羅した近代小説入門。
    円熟した批評家の深い洞察と鋭い批評は、作家たちの思想と作品の価値とをあ...続きを読む
  • 風俗小説論
    「風俗小説論」と題しているわりに、風俗小説をほとんど論じないまま終わる。

    むしろ中村光夫が語ったのは、「風俗小説」を生み出すに至る原因である自然主義小説や、その延長にある私小説、その反動である新感覚派とプロレタリア文学についてである。

    丹波とのやりとりで前提の共有が出来ていないと感じて書かれたと...続きを読む
  • 日本の近代小説
    成島柳北、仮名垣魯文から、芥川龍之介の死にいたるまで、明治・大正期の日本文学を概観することができる本です。

    著者は『風俗小説論』(新潮文庫)などで、田山花袋の『布団』を代表とする私小説について検討をおこなっており、ゾラに代表される自然主義文学が作家の個我の解放という意味に置き換えられていったことを...続きを読む
  • 風俗小説論
    近代文学の歴史を見るうえではなかなか面白い書物だが
    戦前と戦後の断絶を説明するには至ってないように思う
    とはいえ、その回答を導くためには十分なヒントとなる論考だろう
    つまりこうだ
    瀬川丑松がみずからのルーツを暴露した勇気でもって
    「この戦争は負ける」と公的に叫んだ政治家、あるいは文化人が
    ひとりでも...続きを読む