「ヴィアン」おすすめ作品一覧

【ヴィアン】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2013/11/01更新

ユーザーレビュー

  • うたかたの日々
    詩的な表現を多く含んだ小説なのか、と思ったがこれは違う。
    うたかたの日々は、一文一文を真に受け、作中世界の在り方に没入していかなければならないタイプの小説で、伏線や隠喩を解き明かすといった読書をする人にはこの作品の良さが分からないだろう。

    我々が生きている世界では、肺に睡蓮は生えない。ハツカネズミ...続きを読む
  • うたかたの日々
    不思議な話だった。儚く美しいまさしく泡沫の日々、泡沫の恋だった。二人の恋が始まった時は幸せに満ちていたのに、こんなに切なく哀しい結末になるなんて。睡蓮に肺を蝕まれていく愛するクロエを救うため、下等なものとしていた働きに出るコランや、夫を破滅に導いた小説のために人を殺してしまうアリーズ。どこかで歯車が...続きを読む
  • うたかたの日々
    面白かった・・・。

    以前に別訳で「日々の泡」のタイトルの文庫本を買ったことがありました。もう10年以上前だったか。そのときは申し訳ありませんが、何が何だか訳のせいかのめりこめず、早々に脱落。
    今回は、ほぼ盲目的に信じている光文社の新訳であることと、野崎歓氏の訳ということで再購入。読破。
    いやあ、...続きを読む
  • うたかたの日々
    キッチュ!これに尽きる。読みやすくてサクサク読みすすめられる。
    ガジェット満載の楽しいB級文学といったところ。
    そんなジャンル存在するのかどうか分からないけど、大好きだ。

    例えば映画『唇からナイフ』を観たときの感覚。ワクワクする。
    いや待て、そういやこれの映画版観にいったわ。いまはなきシネセゾン渋...続きを読む
  • うたかたの日々
    僕たちの生きる世界とはちょっと違い、まるで夢の中での出来事のような非現実的な世界設定に最初はちょっと戸惑うが、物語全体に漂う、青春とその喪失感を描くのにはこれしかないという世界が素晴らしくも悲しい。物語は(お金とか仕事とか)どんどん現実の重みに潰されていくのだが、それでも非現実感は最後の最後まで強調...続きを読む