「アンドリュー・ソーベル」おすすめ作品一覧

「アンドリュー・ソーベル」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/06/02更新

ユーザーレビュー

  • 選ばれるプロフェッショナル ― クライアントが本当に求めていること
    コンサルティング関係の仕事に携わる中で上司の薦めもあり手に取った本。コンサルティング業務、アドバイザーとしての業務に携わる人のみでなく、全てのビジネスマンに共通する精神が書かれていると感じた。今後社会人として生きていく中で、大切にしたいと思える考え方が過去の偉大な人物の事例とともにまとまっており、非...続きを読む
  • 選ばれるプロフェッショナル ― クライアントが本当に求めていること
    新卒で入社したコンサルファーム、新入社員研修の中で問われた質問。
    プロとは何か。

    当時の自分や同期の答えは浅かったと思うし、
    その後も自分なりの考えをupdateし、
    知識経験を身につけてきてはいるが、
    「選ばれる」というレベルに達するにはまだまだ成長し続けることが必要と
    この本から改めて痛感させ...続きを読む
  • 選ばれるプロフェッショナル ― クライアントが本当に求めていること
    ・信念とは自分自身への信頼であり、自分の能力への信頼でもある
    ・人を助けるなら、人との関係に影響を及ぼす自分の感情の動きに気をつけなければならない

    などなど、他のプロフェッショナルと自分を差別化するための7つの指針が述べられています。

    定期的に読み返してできているか確認したいです。
  • 選ばれるプロフェッショナル ― クライアントが本当に求めていること
    エキスパートとプロフェッショナルの違い、それを腹に落としてくれる一冊。パワー・クエスチョンからのリファレンス。

    虚学は実学に資してこそ価値をなすならば、プロフェッショナルはクライアントが実際に抱えている課題にこそ資しなければならない。

    クライアントの課題を、ともに明らかにしていくことこそプロフェ...続きを読む
  • パワー・クエスチョン 空気を一変させ、相手を動かす質問の技術
    沈黙こそ生産的議論が必要とするプロセスなのだという点、よく腹に落としてくれた一冊。

    後半ではドラッガーの思想に触れ「あなたは、どういう人物として記憶されたいですか」という問い、即ち「ミッション」を探るためにこそ質問が必要であるとしている展開は白眉。

    七つの習慣で、コヴィー博士が引用している「黙り...続きを読む