「本間龍」おすすめ作品一覧

「本間龍」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/06/09更新

ユーザーレビュー

  • 原発広告
    「電気を大切ね」。テレビ・コマーシャルで語りかけていた
    東京電力のキャラクター・でんこちゃんは、あの原発事故
    から姿を消した。

    本名は「分電でんこ」。描いたのは内田潤菊。どうやら家族も
    いるらしい。でも、今は家族ともども行方不明だ。

    でんこちゃんと同じように姿を消したのが、オール電化住宅
    のコマ...続きを読む
  • 原発プロパガンダ
    元広告マンだった著者は、原発と広告の関係を余すことなく、語り尽くしている。
    この一冊を抜きに、原発問題は語れない。
     ここであげられている発信力のあるメディアは、OurPlantTV, IWJ, マイニュースジャパン,マガジン9,8bitnews,
    ニューズオブエドなどだ。

    ▶斎藤美奈子
    {巨額の...続きを読む
  • 原発プロパガンダ
    読む前から読んだら暗くなるのがわかっている本を読むことが多く、どうしたものかと自分で思っている。
    そして、実際読んだら、想像以上にひどいことが書かれていてますます暗くなる。

    国民をなめているのか。
    特に、主婦(女性)や子供をなめているのかと思うかつて国が委託した団体の報告書(今も似たような感じかも...続きを読む
  • 電通と原発報道――巨大広告主と大手広告代理店によるメディア支配のしくみ
    面白くて、あっという間に読みました。原発事故の隠蔽報道のウラに、広告代理店が一枚かんでいたことがよく分かる。

    また、なぜメディアが代理店を畏怖するのか、代理店がメディアにどう圧力をかけるのか、がとても詳しく書かれている。内容が原発事故だけでなく、広く広告代理店の業務の現場について、詳細に描写されて...続きを読む
  • 原発プロパガンダ
    2011年3月11日の福島第一原子力発電所の事故が起きる前から、
    原発の安全神話については懐疑的だった。原子力だよ?核だよ?
    安全対策は万全だというけれど、地震列島・火山列島の日本に
    人間が制御出来ないモノを作って本当に大丈夫なのか…と。

    だから、新聞紙面に掲載されていた電力会社の広告も胡...続きを読む