「マルク・レビンソン」おすすめ作品一覧

「マルク・レビンソン」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2013/09/20更新

ユーザーレビュー

  • コンテナ物語 世界を変えたのは「箱」の発明だった
    組合は抵抗するが、最終的に折れる。企業の離脱(ニューヨーク港から」
    規格は定まらない
    ピギーバック方式⇨トラックと鉄道をコンテナでつなげる
  • コンテナ物語 世界を変えたのは「箱」の発明だった
    コンテナの発明という形をとった、『視点の変換』でおきたシステム変更が、どのように別の職業を消失させたかの物語である。
    AI/ロボットの発展により技術的失業がおきるだろう、という論が現にある以上、ここに書かれた『沖仲仕の抵抗』の歴史は他人事でもあるまい。

    ここで語られる、視点の変換とはなにか。
    「個...続きを読む
  • コンテナ物語 世界を変えたのは「箱」の発明だった
    文句なしの星5

    新しい技術(荷物を運ぶコンテナを規格化)によって、ある種の仕事(沖仲仕)が完全に消滅する時に、起こったこと
  • コンテナ物語 世界を変えたのは「箱」の発明だった
    予想していたのとはまるで違う、かなりエキサイティングな内容だった。
    元々トラック運転手からスタートしたマルコム・マクリーンがコスト意識から発想したコンテナが、
    時代を先取りし過ぎて様々な既得権益層から圧力を受けながらもイノベーションを起こしていく話。

    効率化・機械化に伴い仕事を失う港湾労働者の労組...続きを読む
  • コンテナ物語 世界を変えたのは「箱」の発明だった
    町中に見かけるコンテナについて書かれた本。コンテナとは、ただの鉄の箱にあらず。この鉄の箱が物流、いや産業界全体に及ぼした影響について理解できます。非常に読み応えのある本。
    コンテナリゼーションによって物流が効率化され、海外の荷物が早く安く届くようになる→人件費の高い先進国で物を作らず、人件費の安い国...続きを読む

特集