ひこ・田中の一覧

「ひこ・田中」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/04/08更新

ユーザーレビュー

  • レッツはおなか
    「レッツ」シリーズ4作目。レッツ、生まれた時のことを考えるお話。
    安定してヨシタケさんのイラストが可愛い。ひこ・田中さんの文章と、とても相性が良くて、面白い。レッツの一言が、的を射ていていい味。ひこさんの選ぶ、子どもの言葉のセンスが好きだ。
  • ぼくは本を読んでいる。
    さわやかな風が吹きぬけるオアシスのような作品。

    たぶんこんな会話をする小学校5年生はいないだろうと思うけど、それだからこそ、本のなかでであってもそういう世界があるのは貴重。だからオアシス。

    本を読むことを含めて、自分の居場所を見つけるというのがテーマのような気がした。体育館の裏の、金網とのあいだ...続きを読む
  • ぼくは本を読んでいる。
    ドラマチックな事件は起きないが、読んだ本の世界から、または転校生を含む友だちとのやりとりから、主人公ルカの発見や驚きが伝わってきて、本当に楽しかった。
    私が子どもの頃読んだ二冊を、ルカがその時その時感じたことを呟きながら、読み進めていく。自分も通った道をルカも通っていく。けれど、大人になってしまった...続きを読む
  • レッツのふみだい
    この本は、レッツのふみだいとの思い出が書かれています。のったり気づく事、のったら分からなくなる事、のったりおりたりして、レッツがいろんなことを観察しに行きます。
  • レッツがおつかい
    この本は、レッツがはじめておつかいに出る話で、と中にいろんな物や生き物に出会うことになり、おもしろいお話です。