「江弘毅」おすすめ作品一覧

【江弘毅】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/09/26更新

ユーザーレビュー

  • 有次と庖丁
    有次と刻印のある包丁を使っていたので読もうと思った。庖丁を中心に技術の伝搬、料理人の流儀・渓流?などの世界が書かれており興味深い内容だった。本中には、おいしそうな店舗も書かれてあり、もちろんすべてメモを取った。中には高級すぎて入れなさそうな店も多くあり、”それに似合う人になろう、そして美味しい寿司を...続きを読む
  • 有次と庖丁
    京都は錦市場に店を構える、日本でも最高の庖丁屋、有次。その比類なき高品質を支えているのは、職人たちの妥協を知らない熟練の技。間違いなく一本欲しくなる。
  • 有次と庖丁
    これはヤバい。もし今錦市場に行ったら間違いなく庖丁を買ってしまうだろう。ちゃんと手入れをするとは限らないのに・・・

    「切れへん庖丁やな。ぐだぐだになってるやん。キズシか何かわかれへんやん。せっかく上手く作ってきたのに。いい包丁買ったろか、あんた」著者の友人の女性ライターは新築祝いにきてくれる友人に...続きを読む
  • 有次と庖丁
    有次の前は何度も通っているが、店の中には入ったことがない。錦の包丁屋が職人同士をつなぐ機能を続けてきたことに感銘。まずは家の包丁をシャープナーにあててみよう。
  • 「うまいもん屋」からの大阪論
    ガイドブックとしてもおもしろいし(著者的にはそういう読み方はしてほしくないのだろうけど)、食べ歩き飲み歩きの作法や飲食店史の本としてもおもしろく、蘊蓄本としても充実の内容!

    梅田で働いてたら、毎晩串カツをビールでさっと流して帰宅なのかなー。駅ナカで高いスイーツや惣菜買って帰る東京的スタイル...続きを読む