「吉崎エイジーニョ」おすすめ作品一覧

「吉崎エイジーニョ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/10/21更新

ユーザーレビュー

  • 甦る教室―学級崩壊立て直し請負人―
    「公に通じる自分を作っていく」
    など社会で人と上手く対応していける方向に子供を導いていく教師の話。

    こういう指導を受けられた子供は幸せだと思う

    現在も、多くの人がこのような指導がなく、公での身の処し方が身に付かないまま大きくなり、損をしていることもよくある。
    お偉方達の中にも、こういうことを学び...続きを読む
  • 学級崩壊立て直し請負人 菊池省三、最後の教室
    学級に在籍するひとりの男の子の成長を軸に、子どもたちの2年間の変化にふれることのできるノンフィクション。

    菊池省三先生の存在感、余裕のあるさじ加減、子どもたちから見た先生の姿、戸惑い、そして成長。

    集団の中で子どもが成長していくことの素晴らしさ、学校だからこそなし得る実践に、何度も息をのみました...続きを読む
  • 学級崩壊立て直し請負人 菊池省三、最後の教室
    菊池先生の教職最後の2年間、その教室で変わっていく子供たちの姿を追ったドキュメンタリー。
    菊池実践の具体像が見えて大変興味深かった。
  • 甦る教室―学級崩壊立て直し請負人―
    人を褒めるということを意識して実践しようと本を読んで感じたが、実践は難しい。
    組織や人の変革にあたってのヒントをもらったように思う。
  • メッシと滅私 「個」か「組織」か?
    夏休み20冊の1冊目。




    W杯の途中から読み始めた本ですが、日本代表がまさにこの本で書かれていた

    心配事が的中して惨敗したので、もう1度最初から読み返してしまいました。




    吉崎さんの本は「オトン、サッカー場へ行こう」など

    サッカーの実体験をもとにしたものが多くて

    自身もドイツの10...続きを読む

特集