「大津栄一郎」おすすめ作品一覧

【大津栄一郎】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/05/19更新

ユーザーレビュー

  • オー・ヘンリー傑作選
    最後の一葉等の代表作を含め、様々な作品が収録されており、とりあえずオーヘンリーを読んでみようというときには非常に良いと思います。
    国や時代の違いはあり、背景が理解しにくい場面もありますが、一ひねりされたストーリーの面白さは自分にもグサッと来るものでした。
  • オー・ヘンリー傑作選
    1998/01/--

    「賢者の贈りもの」は有名である。自分の大切なものを売ってまで、相手に物を贈る気持ちは私にはもちろん、今の人もないと思う。「忙しい株式仲買人のロマンス」は「馭者台から」と同様ラブロマンス。「献立表の春」は心和むハッピーエンド。でも、「警官と賛美歌」はせっかく更正した不労者を最後...続きを読む
  • オー・ヘンリー傑作選
    先日読んだ小川洋子さんのエッセイで、
    彼女にとって短編小説の存在がどういったものであるか、
    このように書かれていた。

    「素晴らしい短編小説に出会うと、
    自分だけの宝物にしたくなる。
    小さいけれどしっかりした造りの宝石箱にしまい、
    他の誰も知らない場所に隠しておく。」

    そして、「何かの都合で立ち上...続きを読む
  • オー・ヘンリー傑作選
    オーヘンリーといえば物語の最後に現れるドンデン返しが思い起こされるが、改めて読んでみるとその文体もとても素晴らしいものであることに気づいた。

    陽気な人、悲しい人をこれほど上手く表現する作家はそういない。
  • オー・ヘンリー傑作選
    社会的弱者の気持ちを捉えながら、温かくも滑稽な物語に仕上げるスタイルが好み。古きアメリカの町並みや生活を伝える独特の文体も心地よい。
    「賢者の贈り物」はアメリカの本で比喩的に引用されるくらい有名。