三中信宏の一覧

「三中信宏」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/05/25更新

ユーザーレビュー

  • 統計思考の世界  ~曼荼羅で読み解くデータ解析の基礎
    統計学の哲学と数理統計学と様々な解析手法の紹介という、3つともそれだけで1冊の本になるトピックを1冊にまとめてしまった本。そのため、非常にエキサイティングではあるが、あちこちに話題が飛んで本としては結構読みづらい。したがって、学生の食いつきが悪いと感じている先生、もしくは自己流の勉強に限界を感じてい...続きを読む
  • 系統樹思考の世界 すべてはツリーとともに
    類型化のための方法論を知りたかったので、本書を手に取った。修士論文執筆中に一読していれば、構成が大きく変わっていただろう。著者がいうように、適用範囲が広いので、生物学に限らず多くの分野で「系統樹思考」は応用できるフレームワークで非常に魅力的である。類型化、分類のためには、この系統樹思考を理解しておく...続きを読む
  • 分類思考の世界 なぜヒトは万物を「種」に分けるのか
    分類思考と銘打って中をめくると妖怪の絵があったので、咄嗟にこれは京極夏彦派に違いないと思ったら案の定だった。
    分類という行為の認知心理学的な側面、生得的に本質主義的である人間の性質など、興味深い話題が豊富。
    決して読みにくい本ではないが、論理学をきちんとやってから改めて読み直せばより面白さに気づけそ...続きを読む
  • 系統樹思考の世界 すべてはツリーとともに
    私たちが世界をどう見るのかという「ものの見方」に興味があって読み始めた本書。
    認知カテゴリー化が私たちの生来の認知志向であるのに対して、系統樹思考は全く異なるものであるということ。
    カテゴリー化自体に関心があり、その考え以外にあまり目が向いていなかった私にとって、この系統樹思考は新鮮でとても興味深か...続きを読む
  • 統計思考の世界  ~曼荼羅で読み解くデータ解析の基礎
    三中節炸裂
    って感じ
    数式よりもグラフ化が大事っていうのは同意
    各分布や考え方の歴史的な流れはわかりやすい
    が、統計曼荼羅の意味というかどこに何が関係性などは前著に任せたのかな、本書ではあまり解説がなし

    統計って手法が乱立してどれをいつなにのためにってところで立ち往生している方(特に私)のコンパス...続きを読む