酒井啓子の一覧

「酒井啓子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/01/19更新

ユーザーレビュー

  • 9.11後の現代史
    【「犠牲者として貶められ続けた」という記憶――。その積み重ねが中東各地で,テロであれ紛争であれ,さまざまな暴力事件を起こす要因になる】(文中より引用)

    ISの台頭や「アラブの春」,そしてイラク戦争から中東和平問題に至るまで,2000年代に入ってからの中東情勢の動きをテーマ別にまとめた作品。引っ切り...続きを読む
  • 〈中東〉の考え方
    莉穂コ九′繧峨?√%縺ョ蝨ー蝓溘?譖ク邀阪?謨ー蜀翫h繧薙□縺後?√%縺ョ譛ャ縺檎樟迥カ縺翫h縺ウ縺昴?閭梧勹繧堤衍繧倶ク翫〒譛?繧ょ?縺九j繧?☆縺九▲縺溘?ゅ♀蜍ァ繧√?
  • 9.11後の現代史
    刻々と変化しとらえるのが難しい地域の情勢を分かりやすく詳らかにした一冊。タイトルは「9.11後の」となっているが、その背景である1979年のソ連のアフガニスタン侵攻や、パレスチナ問題ではもちろん100年前のサイクス・ピコ他の英国の3枚舌外交の歴史にも遡る。筆者の主フィールドであるイラクやクルドの問題...続きを読む
  • 〈中東〉の考え方
    著者の酒井啓子(1959年~)は、中東政治、イラク政治を専門とする国際政治学者で、2012~14年には日本国際政治学会理事長を務めている。本書では、「中東」という地域の抱えている問題と、その問題の原因・背景となった近現代の国際政治について、網羅的に解説している。
    本書で著者は、
    ◆18世紀以降の大英...続きを読む
  • 〈中東〉の考え方
    日本から遠い「中東」。
    しかし、ニュースで多く見聞きする。
    内容は、わかりやすい。

    「中東」と一括りにしてしまいがちだけれど、さまざまな考えがあり、それぞれ問題抱えている。
    当然といえば、当然だが。

    巻末に各章ごとの内容の理解を深めたい人のための本を紹介されていたのもよかった。

    個人的に印象に...続きを読む