原油急落と中東情勢vol.1

原油急落と中東情勢vol.1

作者名 :
通常価格 220円 (200円+税)
獲得ポイント

1pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

2014年11月末現在、原油価格が急落している。背景には米国のシェールオイルの生産急増とサウジアラビアが減産を渋ることによる需給緩和がある。一方で中東では、イスラム国の勢力拡大など地政学リスクがくすぶっている。原油価格や中東の政治経済はどうなるのか。本書は、週刊エコノミスト2014年11月11日号の特集「原油急落と中東情勢」を電子書籍化しました。

主な内容は以下のとおり

Part1 今なぜ原油急落か
・下値は1バレル70ドル台 世界経済減速と供給過剰
・産油国の思惑 価格下げてもシェア防衛のサウジ
・「在来型」から「非在来型」へ 石油が簡単に掘れる時代の終焉
・「イスラム国」とは何か イスラム法統治の国家を目指す
・イスラム国の勢力拡大を生む米国と中東諸国間の溝
・中東諸国の経済 格差拡大、資源と人口で明暗
・290兆円の中東オイルマネー 欧米離れ、アジア市場に照準
・トルコ・イラン・エジプト経済需要3カ国を見る

Part2 歴史と宗教早わかり
・イスラム成立とオスマン帝国崩壊 影響与え続ける「初期イスラム」現代を決定づけたオスマン崩壊
・オスマン帝国崩壊後~現在 台頭するイスラム主義運動 中東政治の行方を左右
・イスラム教とはどんな宗教? 五つの信仰行為を義務づけ
・混乱と暴力が続く理由 中東混乱の本質は階級闘争
・ソーシャルメディア 反政府、テロ活動に巧みに利用

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経済
出版社
毎日新聞出版
電子版発売日
2014年12月12日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
13MB

原油急落と中東情勢vol.1 のユーザーレビュー

レビューがありません。

原油急落と中東情勢 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 原油急落と中東情勢vol.1
    2014年11月末現在、原油価格が急落している。背景には米国のシェールオイルの生産急増とサウジアラビアが減産を渋ることによる需給緩和がある。一方で中東では、イスラム国の勢力拡大など地政学リスクがくすぶっている。原油価格や中東の政治経済はどうなるのか。本書は、週刊エコノミスト2014年11月11日号の特集「原油急落と中東情勢」を電子書籍化しました。 主な内容は以下のとおり Part1 今なぜ原油...
  • 原油急落と中東情勢vol.2
    シェール革命が米国を資源超大国化させ、資源供給国としての地歩を固め始めた。この動きが世界の原油、天然ガス、石炭など資源の潮流を様変わりさせようとしている。米国に市場を奪われたロシアや中東、アフリカの資源国は、世界で唯一需要増大が見込めるアジアに殺到。米国を交えた供給先の大争奪戦が展開されている。近年、稀に見る資源買い手市場の好機を日本はどういかすか。  本書は、週刊エコノミス...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています