村田晃嗣の一覧

「村田晃嗣」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/06/14更新

ユーザーレビュー

  • 大統領とハリウッド アメリカ政治と映画の百年
    題名の通り、アメリカ政治とハリウッドの関係史であり、「セレブ政治」の流れの中で、ハリウッドと大統領の距離感が描かれている。ハリウッド自体は歴史的経緯もあり、リベラルよりである中、商売自体は別との印象か。トランプはどうなるのだろうか? あと、著者の映画知識にはただただ脱帽。
  • 大統領とハリウッド アメリカ政治と映画の百年
     個人的に興味あるテーマの書籍。最後までグイグイと引き込まれた。ハリウッド映画と政治(大統領制)の関連の歴史約100年を手際よく整理されていて、最新の映画「バイス」まで紹介されている。第6章における、レーガンとトランプが「アメリカを再び偉大にする」というキャッチフレーズ自体は共通しているものの、その...続きを読む
  • レーガン いかにして「アメリカの偶像」となったか
    レーガン大統領の伝記、今まで無かったのが不思議だよ。とはいえ逆に亡くなってから執筆されているので、レーガン退場後のレーガンの影響まで体系的にシルされている。ニクソン辞任後、オバマ当選までレーガンの時代か。なるほど納得
  • レーガン いかにして「アメリカの偶像」となったか
    普通に面白かったです。
    「レーガンは過去と未来と架橋しながら、平均的なアメリカ人を代表しうる包括性を持ち、その上、アメリカ社会
    の矛盾や二面性を象徴していた。」というまとめにはなるほどとうなずけた。

    全体を通して意外と?レーガンについて客観的に書かれていたので逆にびっくり。
    村田先生こんなにバラン...続きを読む
  • アメリカ外交 苦悩と希望
    アメリカ=唯一の超大国という貧困なイメージしか持っていなかったが、外交史を通して、苦悩してきた様が垣間見えた。日本の方向性を探る上でも、示唆的な部分が多々ある。偏見を正し、歴史から学ぶ姿勢すら持てるようになった。

    ・アメリカの国防予算は一国だけで、世界の軍事費の40~45%を占め、2位から11位ま...続きを読む