「村田晃嗣」おすすめ作品一覧

「村田晃嗣」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/01/24更新

ユーザーレビュー

  • レーガン いかにして「アメリカの偶像」となったか
    ロナルド・レーガン元大統領の伝記です。

    子供向けはもちろん
    日本語で大人用に詳細な伝記は無かったと思われるので
    wiki以上のことを知るにはうってつけです。

    読むにあたり、少なくとも
    アメリカ建国の経緯、
    保守とリベラル、
    共和党と民主党、
    については知っておいたほうが理解が深まると思います。
    ...続きを読む
  • レーガン いかにして「アメリカの偶像」となったか
    普通に面白かったです。
    「レーガンは過去と未来と架橋しながら、平均的なアメリカ人を代表しうる包括性を持ち、その上、アメリカ社会
    の矛盾や二面性を象徴していた。」というまとめにはなるほどとうなずけた。

    全体を通して意外と?レーガンについて客観的に書かれていたので逆にびっくり。
    村田先生こんなにバラン...続きを読む
  • アメリカ外交 苦悩と希望
    アメリカ=唯一の超大国という貧困なイメージしか持っていなかったが、外交史を通して、苦悩してきた様が垣間見えた。日本の方向性を探る上でも、示唆的な部分が多々ある。偏見を正し、歴史から学ぶ姿勢すら持てるようになった。

    ・アメリカの国防予算は一国だけで、世界の軍事費の40~45%を占め、2位から11位ま...続きを読む
  • アメリカ外交 苦悩と希望
    建国からイラク戦争までのアメリカ外交を時の大統領の政策・その背景にある思想を基に考察している。アメリカ外交入門書として優れた本といえる。
  • レーガン いかにして「アメリカの偶像」となったか
     生誕百周年の昨年出た評伝。中公新書は良質の評伝が多く,どれも読みごたえがあって外れが少ないが,本書も良かった。アメリカ大衆文化の変遷を体現した偉大な大統領。
     戦後のアメリカ大統領で人々の記憶にもっとも残るのが,ケネディとレーガン。二人ともアイルランド系だけど,対照的。レーガンの父は6歳で孤児とな...続きを読む