「井戸まさえ」おすすめ作品一覧

「井戸まさえ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/04/06更新

ユーザーレビュー

  • 小学校社会科の教科書で、政治の基礎知識をいっきに身につける ―これだけは知っておきたい70のポイント
    分かりやすい内容で政治についての理解が深まった一冊。 近年思うことは、難しい内容を簡単に話す力を持つ人ほど能力の高い人なんだなと改めて痛感。 私も専門分野を深掘りして簡単に話すことが出来るように基礎をおさらいする気持ちにさせてくれた内容です!
  • 子どもの教養の育て方
    なるほどなと思ったところ(抜粋)
    「高度な専門知識と経験を必要とする分野で、素人が嘴を挟んで事態が改善する可能性は皆無。」(p5)
    「子どもは反復で飽きない」(p81)
    「サムシング・グレート」、日本でいえば「お天道様が見ている」(p140)
    「悪い経験を小説を通じてさせてやる」(p221)
    教育の...続きを読む
  • 無戸籍の日本人
    ふとしたことで戸籍の無い人が居ることを知りこの本を購入した。
    全く意識したことがないことで予想外の驚きだった。
    ドキュメンタリーだけに事実の表面をすくい取ったりオブラートをかけたりしながら書いたのだろうと苦衷がしのばれる一作だろう。文章が上手。
    後半は著者の政治家としてのPRめいた部分が多くて少しひ...続きを読む
  • 小学校社会科の教科書で、政治の基礎知識をいっきに身につける ―これだけは知っておきたい70のポイント
    新聞読んで時間がかかるのはやっぱり基礎がぽつぽつ抜けているから。。。ということで読みました。ただいまいろいろ基礎仕入れ中です。

    さくさく読めるし、大人の社会ということで裏側も知れておもしろい。たださくっと読んだのであまり記憶に残っていないな。まさかの公民の参考書で今勉強しているので、終わったらもう...続きを読む
  • 小学校社会科の教科書で、政治の基礎知識をいっきに身につける ―これだけは知っておきたい70のポイント
    小6社会科の教科書が教える表の社会科と、元外務省主任分析官の作家と経済ジャーナリスト出身の政治家の著者二人の経験も含めた裏の社会科。国会、内閣、裁判所、憲法、三権分立、税金、選挙について、基礎的な知識と興味深いうがった見方も含めた教養に触れることができる。
    もちろん著者の立場から本書の情報にも偏向は...続きを読む