「井戸まさえ」おすすめ作品一覧

【井戸まさえ】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/05/13更新

ユーザーレビュー

  • 無戸籍の日本人
    日本の社会は、ずっと見て見ぬふりをしてきたんじゃないか?
    無戸籍と一口に言ってもそこに至るまでには様々なケースがある。
    「自分だけは落ちないと思っている穴に、誰もが落ちる可能性がある。」
    それは、戸籍制度そのものが「不完全」であり、「起こるべくして起きている」問題ではないのか?自身の子どもが無戸籍に...続きを読む
  • 無戸籍の日本人
    テーマは重い。
    戸籍がないということは当たり前にやっていることすらできないし、スタート地点にも立てない。
    それは親が払うべきペナルティと言われても、生まれてくる子どもに罪はない。
    救うためには、まず多くの人に無戸籍の人の存在を知ってもらうこと。
    そして彼らが生きていけるように支援をすることなんだと思...続きを読む
  • 子どもの教養の育て方
    なるほどなと思ったところ(抜粋)
    「高度な専門知識と経験を必要とする分野で、素人が嘴を挟んで事態が改善する可能性は皆無。」(p5)
    「子どもは反復で飽きない」(p81)
    「サムシング・グレート」、日本でいえば「お天道様が見ている」(p140)
    「悪い経験を小説を通じてさせてやる」(p221)
    教育の...続きを読む
  • 無戸籍の日本人
    「それは離婚のペナルティーです」という役人の言葉が衝撃的。
    離婚後300日以内に生まれた子は前夫の子と推定する。古い古い民法に縛られた日本にいる無戸籍の人は一万人以上だという。
    他にも様々なケースが取り上げられていて、就籍への道のりで出会う役人や政治家たちの対応は冷酷ではあるが善意(無知)に基づいて...続きを読む
  • 小学校社会科の教科書で、政治の基礎知識をいっきに身につける ―これだけは知っておきたい70のポイント
    新聞読んで時間がかかるのはやっぱり基礎がぽつぽつ抜けているから。。。ということで読みました。ただいまいろいろ基礎仕入れ中です。

    さくさく読めるし、大人の社会ということで裏側も知れておもしろい。たださくっと読んだのであまり記憶に残っていないな。まさかの公民の参考書で今勉強しているので、終わったらもう...続きを読む