「安萬純一」おすすめ作品一覧

「安萬純一」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2015/10/30更新

ユーザーレビュー

  • モグリ
    舞台は横浜中華街、モグリの医者がひょんないきさつから知り合った暴力団のボスの一人息子が殺される。そこから、暴力団の抗争に巻き込まれていく。
    始終危なっかしくて、それでも、読み進められずにはいられない。
    面白かった。
  • ポケットに地球儀 探偵作家アマンと謎の密室魔
    雑誌で募集した「謎」を探偵作家アマンに解かせようという企画をたてた編集者。しかし応募者の話をきいて不思議な出来事を調査しに出かけると、なぜか二人はいつも密室に閉じ込められてしまう…
    思いっきりリアリティ無視の連作短編集。毎回、謎は持ち込んだ人が自分で解決し、アマンたちは知恵をしぼって密室から脱出する...続きを読む
  • 王国は誰のもの
    某大富豪が築いた王国で、国王が殺された。たまたま呼ばれていた青年とその助手の少女がその謎に挑む。容疑者はミイラ男にドラキュラにゾンビに狼男?どうやら動機は大富豪=国王の地位であるらしい。王妃派と王弟の内務大臣の派閥争いも絡んで、更に謎は深まるばかり。第二第三の殺人事件が起こるなか、青年は事件を解決す...続きを読む
  • 王国は誰のもの
    安萬純一、2015年発表の小説。ファンタジー仕立てのミステリー(あるいはミステリー仕立てのファンタジー?)。中高生向けエンタメという印象ですがわりと面白かったです。

    金持ちの実業家が自分の山に中世ヨーロッパ風の城を建て自らを王と称し王国ごっこをしています。父親が城の警備をしている主人公の女子高生は...続きを読む
  • 王国は誰のもの
    「超変ミステリー」と謳っていますが、中身は中世欧州風の城内で起こる殺人事件の犯人を当てるという、オーソドックスなフーダニットもの。作中に登場する吸血鬼、狼男、ミイラ男、ゾンビが犯人の絞り込みやどんでん返しに必要な要素になっていて面白いです。
    しかし、舞台をわざわざ現実世界にしている意味が解りません。...続きを読む