「川村二郎」おすすめ作品一覧

「川村二郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/07/22更新

ユーザーレビュー

  • 孤高 国語学者大野晋の生涯
    とても面白かったです。
    私は国語教育に関わる仕事をしています。
    そのため大野さんのことくらい知っておこうと軽い気持ちで読み始めたのですが、大野さんの人柄や人生そのものが面白い。それに日本語がこれまでなかなかに危ない橋を渡ってきていたとは。知識で知っているのとは全く印象が違っていて驚きました。
    国語教...続きを読む
  • 孤高 国語学者大野晋の生涯
    孤高 と言うタイトルで買った本ですが紹介されている大野晋さんは忘れられない人になりました。これから何冊か読んでみようと思っています。
  • いまなぜ白洲正子なのか
    川村二郎は1928年2月7日生まれで存命ならば82歳ですが、残念ながら2008年に80歳で亡くなりました。
  • 孤高 国語学者大野晋の生涯
    日本語をもっとしっかりと教えられる人を育てればよかったという大野先生。
    どんどん抽象化されていって、日本語の良さが失われているという実感は確かにある。やばい、とか、かっこいいとか。
    自分自身もっと日本語をしっかり勉強していきたい。

    #読書 #読書記録 #読書倶楽部
    #孤高
    #国語学者
    #大野晋
    ...続きを読む
  • いまなぜ白洲正子なのか
    この人は別格だが、幸田文、塩野七星と同じ雰囲気を感じる。
    一本気で意思の強そうな(本人を知らないので「そうな」を付す)女性の文章や伝記は大層痛快。
    しかし、著者のあとがきがいけない。
    白州正子へのノロケにしか読めず、せっかくピリッと効いた本文が台無しではないか?
    もしや、狙ってそうしたか⁈