「臼井由妃」おすすめ作品一覧

「臼井由妃」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/11/10更新

ユーザーレビュー

  • 気が利く人だけが密かにやっている 思いを伝える「たった1%」のひと工夫
    メールは、スクロールさせない。
    オフィスは、真ん中を歩く。
    姿勢を正す。などなど

    日々の仕事や生活で、ちょっとしたひと工夫が
    大きな違いとなります。

    楽しく読めます。
  • できる人はなぜ、本屋で待ち合わせをするのか?この「ひと工夫」が一流の人生を作る。
    読み易い。なるほどと思うことも多い。知識にするのでなく実践してこそ意味がある。 「未来」にむかって行動実践しよう。ライスワーク→ライクワーク→ライフワークへ!
    【要点】
    ・ちょっとした日常の事や、そのやりとりを「なんとなく」すませずに、「ひと工夫」する事。それが大きな差になる。ラクをして成果を出す「...続きを読む
  • なぜ年収3000万円の男はセンスにこだわるのか?
    チェック項目5箇所。一流の男になるには、常に「自分は人からどう見られているのか?」ということについて、意識の網を張り巡らすことが、欠かせません、「美意識」というと大げさに感じるかもしれませんが、実はシンプル、どんな状況でも自分のあり方、魅せ方、信念を貫こうとする姿勢を持っている、その生き様が、反映さ...続きを読む
  • できる人はなぜ、本屋で待ち合わせをするのか?この「ひと工夫」が一流の人生を作る。
    チェック項目7箇所。この本には、成功を導く目のつけどころから、仕事、時間活用、お金、人づきあい、情報収集、仕事に効く家事、一生の武器になるポイントまで、ビジネスの現場でつかんだ、短い時間で、ラクをしながら成果を出す「ひと工夫」を、凝縮して書きました。相手に好印象を与え、あなたを覚えてもらうには、自己...続きを読む
  • なぜ年収3000万円の男はセンスにこだわるのか?
     今回の本はレビュープラス様からの献本です。ありがとうございます。

     年収3000万円とは程遠い世界にいるモクモク羊だが、せっかく選んでもらったので読んで見た。

     「センスとは、男の生き様である」と著者が述べているように立ち振る舞いで男が上がることあれば下がってギリシア並に暴落することもありうる...続きを読む

特集