「池田潔」おすすめ作品一覧

「池田潔」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2015/12/03更新

ユーザーレビュー

  • 自由と規律 イギリスの学校生活
    イギリスのパブリックスクールについての考察。ただ著者自身が通っていたのは戦前であるため、現在は色々と変化しているものと思う。

    ただの教育論というだけではなく、イギリス人についての深い見識があり、非常に興味深い。私自身も高校で寮生活をしていたこともあり、大変懐かしく感じた。

    「自由」の前提として「...続きを読む
  • 自由と規律 イギリスの学校生活
    読み始めたときは、古めかしすぎはしないかとも思ったが、小泉信三さんの推薦文もあったので、安心しながら読んでいった。昔のイギリスでの話ではあるが、大人になって自由を獲得するために、パブリックスクールではまず規律を学ぶ、という。とても厳しい規律を。そしてイギリス人はスポーツマンシップを愛するという。昔の...続きを読む
  • 自由と規律 イギリスの学校生活
    パブリックスクールでは、夜食が出ず、耐乏生活を過ごす。

    しかし、この経験を積んだ父兄の多くが、身に沁みてその苦痛を知る反面、かつ多大な効果を信じるがゆえに敢えて再びその子弟にこの道を踏ましうるであろう。

    長い将来についての利害をおもんばかって、一時の憐憫を捨てる、強く逞しい愛情をいうのである。
    ...続きを読む
  • 自由と規律 イギリスの学校生活
    書かれたのは戦前。印象に残っている箇所3つ。?ロンドンの街頭には子供がおらず、その理由は、多くの子供は田舎の学校で寄宿生活を送っているからだという。そうえいば、オックスフォードもケンブリッジも郊外に位置しているというのは聞いたことがある。理由は多々あるが。それも含めて学校は基本的に郊外に位置している...続きを読む
  • 自由と規律 イギリスの学校生活
    昭和24年に書かれた本なのに、現在と本質的な問題が変わっていないことに驚き。
    論理的な議論よりも面子とかの方が勝ってしまうのは、日本人の変わらない特性なのか?
    自由の前提には規律があるという考え方は、うちの社員にも理解させたい。