横山紘一の一覧

「横山紘一」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/11/29更新

ユーザーレビュー

  • 阿頼耶識の発見 よくわかる唯識入門
    サンスクリット語とドイツ語と英語とは、
    インド・ヨーロッパ語族に属し、アーリヤ語から変化したものである。

    「名称」にあたる単語の「name」は、
    サンスクリット語の「nam」から派生した。
    「nam」は、「指向する、指し示す」である。
    「南無阿弥陀仏」の南無=namは、
    阿弥陀仏に帰依(自らを向け...続きを読む
  • 十牛図入門 「新しい自分」への道
    人の成長モデルは医者や学者の言う物とは違う、そう感じている人にとって十牛図はしっくりくるだろう。生まれて育ち老いる、の単純なものではない。人の成長は細胞レベルでの生死の連続、それは否定の連続でもある。見かけでは分からないが同じ身体の状態は一瞬たりと無い。若い頃には理解出来なかったろう。NHKの大人の...続きを読む
  • 唯識の思想
    三島由紀夫の『豊饒の海』を読んだ後、唯識思想を理解するために読みました。入門として知るべきことはすべてわかった気になれました。あとは、「暁の寺」の中の三島による唯識を読み直せば良いのではないか。真に理解できているのかはまったくわからないが、認識によって世界を把握するということがわかりやすく解説されて...続きを読む
  • 十牛図入門 「新しい自分」への道
    禅の悟りの道筋を示す十牛図。昔から興味はあったのだが、最近、関心のあるオットー・シャーマーのU理論って、十牛図と似てるんじゃないの?とふと思い、唯識論の研究で有名な横山先生の入門書を読んでみる。

    と、なんだこれって、やっぱりU理論そのものじゃ、ないか!それだけじゃなく、「出現する未来」的な持続可...続きを読む
  • 十牛図入門 「新しい自分」への道
    なるほど!ということではないが、言われてみて味わい深い。
    人の心の移ろいがこのような絵になる。
    再び見て、ものを思う。