海月ルイの一覧

「海月ルイ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2012/02/24更新

ユーザーレビュー

  • 子盗(と)り
    海月ルイさんの本を読むのは「プルミン」に続き2冊目。
    新津きよみさんの書く小説が女VS女なら
    海月さんのこれは母(女)VS母(女)ですね。

    辛いお話でした。
  • 子盗(と)り
    最近知った作家さんですがとても気に入っています。登場人物1人1人の描写が細かくておもしろいです。子盗りは子供が欲しいけどなかなか出来ない夫婦にまつわるミステリー。一気に読めてしまう展開のおもしろさでした。
  • 十四番目の月
    評価は4.

    内容(BOOKデーターベース)
    主婦の桑島樹奈は、スーパーで買い物中に二歳の娘を誘拐される。身代金とともに様々な場所を引き回された樹奈。犯人との接触はなかったはがだが、実は京都のホテルで身代金は奪われていた。離婚後三歳の息子と暮らすピアニストの奈津子は偶然、現場にいたのだが…。女の中の...続きを読む
  • 子盗(と)り
    読むほどに暗い気分になる本。

    登場する女性(男性も)全てがなんだか不気味で
    でもこれがオンナなのだ、という感じ。

    最後のどんでん返しが哀れなほどにまともな結論。
  • 子盗(と)り
    未読の作家さんを開拓するべく手に取った。

    第19回サントリーミステリー大賞読書賞のW受賞。

    美津子、潤子、ひとみ。

    嫌な人がたくさん出てくるから気持ち悪くなりながら読んだのだけれど、
    「ん?そう来たか。」とか、
    「繋がった!」とかの感動があり、引き込まれていく。

    潤子の強さにも救われた。