プルミン

プルミン

作者名 :
通常価格 611円 (556円+税)
紙の本 [参考] 618円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

公園で、乳酸飲料・プルミンを配っていた正体不明のプルミンレディー。飲んだ子供の一人が自宅で血を吐き、間もなく死亡した。亡くなった雅彦は、小学一年生ながら悪質なイジメで同級生達を支配していたボス。その母親も、実は周囲とトラブルがあり、母子ともに周囲の反感を買っていた。犯人の狙いは雅彦への復讐なのか? 子供たちを狙った無差別殺人? やがて第二・第三の殺人事件が起き…。真相は、見慣れた風景のどこに隠れているのかわからない。傑作ミステリー。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
320ページ
電子版発売日
2011年05月13日
紙の本の発売
2006年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

プルミン のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2019年10月13日

    プルミンおばさんからもらったプルミンで
    男児が・・・
    どうやって事件解決が進むのかと
    思ったら後半急に探偵役に昇格した人がいて
    あっという間落着な流れでした

    犯人や動機などは、なるほどと思えるものでは
    ありますが

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年06月03日

    なんとも後味が悪いお話。
    いじめられっ子が知らない女から貰った
    プルミン(ヤク◎トみたいなもん)を飲んで
    死んでしまう。
    犯人は誰なのか。
    母親同士のドロドロとした心理戦。
    子を持つ親としては複雑なドキドキ感で読みました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    幼児を持つ親にとっては、何とも気分がどんよりとする内容だった。



    いじめる子供と、いじめられる子供・・。

    親として、どこまで「子供のコミュニティ」に立ち入ることがベターなのか。



    自分の子供が他人の子供にいじめられたら、たぶん黙ってはいられない。

    ましてや、大きな身体の子供に力で屈服され...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年02月19日

    ある事件を切っ掛けに主人公を取り巻く様々な環境、感情が明らかになっていきます。

    真犯人の動機より、母親たちの状況の方がよっぽど恐ろしい。

    人間関係がこじれにこじれまくってます。

    本当にこんな関係の人たちいるのかなあ。

    誇張し過ぎのような気がする。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年05月24日

    信宏、孝、秀樹、雅彦。公園で遊んでいた四人の小学一年生は見知らぬ女から乳酸飲料のプルミンを貰い、それを飲んだ雅彦が死んだ。雅彦は他の子達に暴力をふるい、物品をとりあげていた。雅彦の母・佐智子に抗議した信宏の母・亮子は葬式で佐智子に「あんたが犯人だ」と罵倒される。現代の母親達の心の闇を描く傑作ミステリ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月05日

     学校でいじめっことして有名な宇梶雅彦。楠田亮子の息子・信宏もいじめられていた1人だった。ゲームを奪われたという信宏の訴えを聞き、亮子は宇梶の家に抗議をしに行く。「うちの子は関係ない」とつっぱねる信宏の母親・佐智子と玄関で言い争いをしている最中、雅彦が吐血して倒れた。そばにはプルミン(乳酸飲料)の空...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています