ロバートホワイティングの一覧

「ロバートホワイティング」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/04/12更新

ユーザーレビュー

  • ふたつのオリンピック 東京1964/2020
    1962-2020をほぼ東京で生きてきたアメリカ人の人生と現代東京史。軸は野球,メディア,裏社会など。これは傑作。泣ける。いい人悪い人いろんな人がいたけどみんな車窓の風景のように流れてしまった。東京は汚く猥雑で熱い街だったがずっと洗練され外界にも開かれてしまった。星一徹や長嶋茂雄は野茂英雄を経由して...続きを読む
  • ふたつのオリンピック 東京1964/2020
    1952年府中の米軍基地で勤務を始めた著者。除隊し、英会話の先生をしたり、フリーライターになったり。当時の六本木の不良外人やヤクザの話、東京オリンピック渡辺恒雄、石原慎太郎、アニメ「巨人の星」、日本のプロ野球、力道山、プロレス、バブルの話など、ここ50年の日本の話。

    これは激しく面白かった。

    ...続きを読む
  • 野茂英雄 日米の野球をどう変えたか
    アメリカから見たNOMOってのがまず興味深いわけで、貿易摩擦や人種問題というのが絡んできます。当時は子どもだからそこがリンクするなんて気づかないわけで。そして、野茂でなければ扉は開けなかっただろうことも記されており、これが重要。待ってれば誰かがやっていたはず、なんてことはないと。逆風の中で挑戦したの...続きを読む
  • 野茂英雄 日米の野球をどう変えたか
    2011年出版。野茂の存在感が改めて思い出される。

    華々しいメジャーでの活躍に加えて、何度も引退直前の危機を乗り越えた根性。野球規則の抜け穴を使い、自ら日本球団を退団し、単身でメジャーチームと契約したそのチャレンジ精神。野茂の一番のすごさは日本人がメジャーリーグへ渡る橋を架けた功績だ。

    野茂が作...続きを読む
  • 野茂英雄 日米の野球をどう変えたか
    Speaking of a pioneer who played in Major League Baseball, everyone might think of “Nomo Hideo.”




    After he played in Japan for five years, he went...続きを読む