「石橋克彦」おすすめ作品一覧

「石橋克彦」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2011/04/15更新

ユーザーレビュー

  • 大地動乱の時代 地震学者は警告する
    人間の歴史を地球の歴史という尺度の中においてみると、時々の人間が作り出す常識というものがいかに限定的なものであるかというのが、地震学のような時間軸の長い研究をしている人から指摘されると、説得力がある。
    日本における比較的近い時代の「大地動乱」の時代は、幕末から始まり、関東大震災で一つの区切りをつけた...続きを読む
  • 大地動乱の時代 地震学者は警告する
    残念ながらこうなってしまった現在、日本に住む人すべて、読んだ方がいい本だと思う。なお、本の提言は、首都圏集中をやめて分散型社会を目指すこと。私は、自分個人ができることとして、その動きを全力で応援する。

    私にとって、この本のすごいところ。読むのに大変な勇気が要ったので、今回は多めに書いておく。

    ...続きを読む
  • 大地動乱の時代 地震学者は警告する
    前半は日本における(特に近世以降、記録に残っているものを中心とした)地震史。そして後半は地震というもののメカニズムについて述べられている。

    さらに前半の中心となっていることがらは元禄以降、関東~東海地域にかなり大規模な地震が群発し、それが最終的には関東大震災という大惨事でフィナーレを迎える。そして...続きを読む
  • 大地動乱の時代 地震学者は警告する
    関東での地震発生の可能性が高いことを、プレートの構造をみることで論じた本。プレートがどうこうの部分は門外漢には非常に難解でしたが、この本が17年前に発表されて以降関東に大地震がなかったことを考えると恐ろしいですね。懸念や対策については意外と経済合理的。
  • 大地動乱の時代 地震学者は警告する
    第1章、第2章の幕末から始まる地震活動期の描写は鮮明で引き込まれる(理想を言えば参考文献が巻末に欲しい)。地震学の知識も必要ないので、専門家ではない方が本書を購入してここだけを読む場合でも十分購入する価値はある。
    3章から5章に書かれている地震学に関する著者の考察も15年たった今でもあまり色あせて...続きを読む