「長谷川英祐」おすすめ作品一覧

「長谷川英祐」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/07/08更新

ユーザーレビュー

  • 面白くて眠れなくなる生物学
    生命には理由がある――生物の驚くべき多様性を「進化」を基軸に解き明かそうとしてくれる本。
    なぜ「進化」かというと、進化メカニズムは全ての生物現象の基盤となっているから。

    ぐっとくるのは、「生物はあえてミスを犯すシステムを採用することで、自らの存続性を確保する道を選んだのかもしれない」という考え方。...続きを読む
  • 面白くて眠れなくなる生物学
    生物の本質は自己DNAの複製というシンプルな事実。
    遺伝・変異が起これば進化が起こり、選択がなされれば、自然淘汰が起きる。

    AとGが長いプリン塩基、TとCが短いピリミジン塩基。
    DNAのねじれは、ハシゴの縦棒を並行にして長くするため。
    塩基対がA-T、C-Gなのは一定の間隔を保つためと、水素結合プ...続きを読む
  • 働くアリに幸せを 存続と滅びの組織論
    組織と個人の関係の話。学部の卒論で使った。
    おもしろい。こういう本は好きだ。
    人間の社会についての話を生物に引き寄せて書いている。
    読みやすいけど、身につまされる。
    全部は理解できてないんだろうけど、頭がよくなった気がする。また読みたい。
  • 働かないアリに意義がある!
    怠け者にも意義がある。勤勉なもの、そうでないものも実はお互い支えあって存在し、生きている・・・・その事実に気付いてない人間はかなり多いはずだ。えてして人間社会では怠け者は糾弾されやすく、価値のない人間としか捉えられない。すべての人間、生き物に存在価値がある、これは宗教の真理と同じだ。コミックエッセイ...続きを読む
  • 働かないアリに意義がある
    「働かない働きアリ」の意義について説明されている。また、社会性昆虫の社会性の進化についても触れられており、面白かった。血縁選択や群選択に触れられているが、リチャード・ドーキンスのようないわゆる利己的遺伝子の考え方を適用したら、議論は変わるだろうか?「血の濃さ」といった概念よりも、社会性を与える遺伝子...続きを読む