「牧」おすすめ作品一覧

「牧」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/04/21更新

ユーザーレビュー

  • プルメリアのころ。
    1945シリーズ完結作。
    カズイと千歳の物語。千歳は今までのキャラクターの中でもかなりのおっとりキャラで、物語自体もそこまで緊迫した雰囲気では進まない。けれど千歳の持つ孤独、不安や恐怖は今までのシリーズのキャラたちも感じていたこと。ただ、彼らがそれを表になかなか出さなかったということだけ…。そんな心...続きを読む
  • 蒼穹のローレライ
    1945シリーズ4作目。
    今回は初の整備員×零戦乗り。
    私は床と天井で萌える腐女子ですが、これが実際に雲の上と地上とで離ればなれになると何とまぁ切なくて、有り体に言えば泣きすぎて呼吸困難起こしました。

    毎回毎回しつこいほど泣かされてるシリーズなんですが、作者のここで泣かせるぞエヘン! みたいな意図...続きを読む
  • 蒼穹のローレライ
    シリーズ通して読ませて頂いています。今回は初めて少しバッドエンドというか、片方が亡くなってしまう最後です。けれどそのことが必ずしもバッドかどうかは読む人にとって変わってくるラストのように思いました。私は不幸ではないと思います。それはやはり尾上さんの書く描写の一個一個が繊細だからというのもあります。声...続きを読む
  • 碧のかたみ
    尾上先生の作品の1945シリーズ二作品目になりますが、この作品が読んでいて一番わくわくしました。主人公は前作の希の兄の恒です。この恒が本当に可愛くて恰好よくて、たまらない気持になります。相手役の六郎とのやり取りも楽しくて、読んでいて本当にお互いを大切にし合っているのだという事がよく伝わります。そして...続きを読む
  • 天球儀の海
    とっても感動しました!!BL作品でここまで物語として魅力的なものはもしかしたら初めてかもしれません。戦争物は扱いが難しく批判もされやすい中、それでもBLで書くというのは作者の方にもこの時代でこの要素で書かなくてならない思い入れがあるのだと窺わせるものでした。綺麗な情景描写や、言葉で静かに紡がれていく...続きを読む