「入江敦彦」おすすめ作品一覧

【入江敦彦】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/05/26更新

ユーザーレビュー

  • イケズの構造
    日本人特に 関西人は必読の書籍。 イギリス在住の京都下町育ちの作者がつづる。 こわおもしろい意地悪の本ですがとっても好きです。 イギリス人も言葉の2重構造があり とてもイケズなのだそうです。
  • イケズの構造
    イケズは意地悪にあらず。
    言葉、コミュニケーションを愉しくするスパイスである。

    日々の生活にもうひと工夫、もうひと刺激欲しい方にとてもオススメ。
  • イケズの構造
    いけずの例えにシェイクスピアや源氏物語などをとりあげて説明してあるのが、とても興味深い!
    思わず"なるほどっ"と思ってしまった。。。
  • イケズの構造
    今まで読んだ京都人論の中でも、こちらが一番納得いきました。
    そうそう、こんな感じやんなぁ!!って。
    ほんま、たまらん。だいすきです。
  • イケズの構造
    京都人が語る、京都人の「イケズ」。
    イケズはいやみでもなく、意地悪でもなく、
    皮肉でもなく、天の邪鬼でもなく、陰険でもない。

    途中で、何故か年寄り臭く、
    若年層への説教が入るのを除けば、
    洒落た読み物かと。