伊藤正一の一覧

「伊藤正一」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/02/15更新

ユーザーレビュー

  • 定本 黒部の山賊
    面白い!!これを読むと、昭和の20-30年代くらいまではまだまだかなり自由度の高い時代だったのだなと思う。装備が良くなり、登山者が気軽に山奥まで来られるようになって人が増えたこの数十年を思えば、規制は必要だと思うけれど、この頃山に生きていた人たちの生きざまが、もう、全然違って、輝やかしい。山の奥は人...続きを読む
  • ヤマケイ文庫 定本 黒部の山賊

    今度、私も山の不思議を感じたい

    登山をする私にとって、前から気になっていた本。山賊と戦い合った事を書いたのかな?と思いきや一緒に三俣山荘や黒部を守っていたエッセイでした。
    あとがきに掲載されている高橋さんの言葉通り、「オーイ、オーイ」と聞こえてこないか?等と黒部へ登った時に期待しそうな楽しい。そして、当時の登山時代を感じられる一冊...続きを読む
  • 伊藤正一写真集 源流の記憶 「黒部の山賊」と開拓時代
    「黒部の山賊」とはなんぞや?
    という思いから手に取った。
    戦後のまだ未開の黒部の山を、写真とともに
    紹介。
    その険しい日々を、山小屋として整備される日々を
    まさに戦いの日々の中で、悠然と構える山々の
    美しい表情。
    この人にしか、書けない、撮れない景色、歴史。

    読み応えあった。
  • ヤマケイ文庫 定本 黒部の山賊
    伊藤正一『定本 黒部の山賊』ヤマケイ文庫。

    小泉武夫のエッセイか椎名誠の『あやしい探険隊シリーズ』のような雰囲気を持った面白くも、山の魅力が伝わる秀作。これが昭和30年代に出版された作品とはとても思えない。

    北アルプスの奥地の黒部源流で長らく山小屋を経営した伊藤正一が、終戦直後に『山賊』と呼ばれ...続きを読む
  • 定本 黒部の山賊
    北アルプス黒部源流の三俣山荘を買い取り、黒部に人が通れる道を作ろうと奮闘する著者の実話。山での生活の中で、著者はしばしば山賊たちに遭遇する。山と生きる彼らは自然界における自分の力量をわきまえ、必要以上の恵みをとることもしない。彼ら山賊の生き方に、現代の私たちが学ぶことも多いのではないだろうか。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!