「名越健郎」おすすめ作品一覧

「名越健郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2015/04/17更新

ユーザーレビュー

  • ジョークで読む国際政治
    アネクドートが好きな人は楽しめる本だと思う。

    日本が出てくるところは、さすがに苦笑いになってしまうが、どれも面白かった。
  • クレムリン秘密文書は語る 闇の日ソ関係史
    ソ連邦崩壊後、大量の機密文書が公になった。日本共産党や
    社会党(現・社民党)は、ソ連共産党からの資金援助を必死に
    なって否定するが、ロシアの公文書館に保存された膨大な文書
    からは日本への資金流入が明らかだ。

    ソ連共産党からの援助資金はふたつの党の選挙資金として活用
    された痕跡がある。海外からの政治...続きを読む
  • ジョークで読む国際政治
    アネクドート(政治風刺小話)はロシアのお家芸ですが、この本ではロシア首脳は勿論、世界中の首脳がケチョンケチョンにお笑いネタにされていますw

    2008年発行なので、日本人では小泉さんや阿倍さんが出てきます。
    ちなみに小泉さん、ブッシュ(息子)の言うことをよく聞く犬として描かれていますw
    ブッシュさん...続きを読む
  • ジョークで読む国際政治
    タイトル通りの内容。
    国際政治・・というほどの内容ではない。新聞の見出しになってる出来事について、ぐらいのレベル。
    日本にはあまり馴染みのない、湾曲的な風刺の意味も込めた政治的ジョークの羅列です。ふまじめと見るか、関係性を理解してはっはと笑ってみるかは、貴方次第。
  • クレムリン秘密文書は語る 闇の日ソ関係史
     クレムリンの秘密文書から、日本とソ連の関係を暴いていこう、という本です。最初は、女優が愛人とソ連に亡命して、かなり苦しい状況にあったことが秘密文書から明らかになった、という話で、はっきり言ってそんなこと暴いてどうするのよ、という感じはありました。もっとも、途中からは共産党・社会党とソ連との関係、そ...続きを読む