大沼保昭の一覧

「大沼保昭」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/12/28更新

ユーザーレビュー

  • 国際法
    日本と韓国の関係悪化が止まりません。
    従来から懸案だった竹島問題や慰安婦に加えて、徴用工訴訟における日本企業への賠償命令判決、レーダー掃射問題と課題続出です。
    両国政府とも先方の責任を主張するのみで、出口が見えないスパイラルに陥っています。

    本書は、国際法の泰斗による市民向けの入門書。とはいえ、国...続きを読む
  • 「歴史認識」とは何か 対立の構図を超えて
    江川紹子が慰安婦問題について 2013 に取材を申し込んだところから始まっている。大沼氏から江川氏に共同作業を申し込む形で、インタビュー形式の本書が成立している。主張が分かれ対立する主題に関するわかりやすい見取り図を提示している。

    話題は、東京裁判、サンフランシスコ平和条約、日韓・日中の正常化、戦...続きを読む
  • 「歴史認識」とは何か 対立の構図を超えて
    確かに、現在「歴史認識問題」と言えば、韓国併合から満州事変、太平洋戦争を経て、その戦後処理に係る日韓、日中の対立を限定的に指している。靖国参拝、竹島や尖閣諸島、慰安婦といった問題は、それなりに報道に注視し、親と語らい、解説書や小説を読むことで、自分なりに認識しようと努めてはきたけれど、容易じゃない。...続きを読む
  • 国際法
    国際法の観点から、人権、集団的自衛権など
    国際ニュースを理解する上で避けて通れない
    重要なトピックに新たな視点を与えてくれる。

    国際法の限界を冷静に見つめつつ、
    それでもむき出しの国家エゴより
    マシなんだから、うまくつかって
    行こうよ、という著者の遺言のように
    感じた。
  • 「歴史認識」とは何か 対立の構図を超えて
    東京裁判、日中国交正常化なども重要論点だが、慰安婦問題にも紙幅を割く。

    「強制連行」などの史実にかかわる部分については、「ないものはない」と歴史学者としての冷徹な分析を徹底しつつ、一方で問題そのものについての日本の道義的責任は回避できない、との立場。
    同時に、アジア女性基金の設立、歴代日本国首相に...続きを読む